第2号議案
定款一部変更の件

1.提案の理由

  1. 当社の現状の事業内容に即し、目的事項の明確化を図るとともに、今後の事業内容の多様化に対応するため、現行定款第2条(目的)に所要の変更を行うものであります。
  2. インターネットの普及を踏まえ、公告閲覧の利便性向上のため、当社の公告方法を電子公告に変更するとともに、やむを得ない事由により電子公告することができない場合の措置を定めるため、現行定款第5条(公告方法)に所要の変更を行うものであります。
  3. 当社および連結子会社の決算期を12月に統一することで、当社グループとして決算・管理体制の効率化・強化を図るとともに、さらなる経営情報の適時かつ正確な開示を行い、経営の透明性を高めるため、現行定款第13条(基準日)、第25条(招集)、第51条(事業年度)、第52条(剰余金の配当)、および第53条(中間配当)に所要の変更を行うものであります。また、この変更に伴い、第14期事業年度は2019年4月1日から2019年12月31日までの9か月間となるため、経過措置として附則を設けるものであります。

 なお、本議案の一部(変更案第2条)につきましては、当社定款第17条第1号に基づき、本定時株主総会の決議に加えて、甲種類株主総会の決議が必要であります。

2.変更の内容
変更の内容は次のとおりであります。

次の議案へ
2019/06/25 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×