株主の皆さまへ

 株主の皆さまにおかれましては、日頃より当社への格別のご理解とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表し、お悔やみ申し上げます。また、医療従事者の方々をはじめ、感染拡大防止にご尽力されている多くの皆さまに深く敬意を表します。
 2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けた1年でした。特に外食業界では外出自粛や営業時間短縮要請への対応により、当社においても店内飲食の売上高は著しく減少しました。一方、デリバリー・テイクアウトの売上高は飛躍的に増加し、コロナ禍で消費者のライフスタイルは大きく変わり、新たな需要が生まれていることを実感しています。当社の経営環境は、少子高齢化に伴う労働力の減少や国内外の政治経済等、引き続き不透明な状況にありますが、マーケットの変化に迅速に対応しながら業績回復と今後の成長に向けて一層の経営努力をしてまいります。
 ポストコロナを見据えた中長期の企業像として、当社は、外食・中食・内食まで視野に入れた暮らしの隅々に渡るサービスを提供する「食の総合型企業」を目指します。社会のインフラとしての企業価値を高め、「食」を通じたより一層の社会貢献を果たしてまいります。「食の総合型企業」への変革に向けては、「デジタルトランスフォーメーションの推進」「チェーンストアシステムの強化」「ESGの取り組み強化」を基軸に、経営基盤の強化と経営資源を最大限に活用しながら戦略を実行してまいります。
 今年度については、徹底したコストダウン、全社生産性の向上、既存店売上の拡充により、会社の損益分岐点を下げ、高収益体制を確立いたします。具体的には、全国の店舗網を最大活用し、デリバリー・テイクアウト拠点の拡大と販売力を強化いたします。また、マルチブランドを保有する強みを活かし、から揚げ専門店「から好し」をガストの店内でも展開し、店内飲食・デリバリー・テイクアウトすべての売上を拡充いたします。また、コロナ禍で生まれた新たなニーズに対応するカフェ業態のむさしの森珈琲や回転寿司の魚屋路などの専門性の高い業態への転換を推進いたします。これらの戦略とデジタルトランスフォーメーションを掛合わせ、高い生産性を実現することで高収益体制を確立し、今後の成長の礎を築いてまいります。
 また、当社の事業活動は「持続可能な開発目標(SDGs)」と深い関わりがあると認識しており、2020年に「サステナビリティ委員会」を発足し、持続可能な社会の実現に向けて当社が果たすべき責務を推進する体制を強化いたしました。石油由来プラスチック製品の削減、生産・物流過程で排出されるCO2の削減、調達・生産・料理提供における食品ロスの削減や、ダイバーシティの推進によりすべての従業員にとって働きがいのある職場環境の整備など、ESGの取り組みを強化し、当社の事業活動・商品・サービスを通じて、地球環境保全と社会の発展に貢献してまいります。
 当社は、約30%の配当性向を目標に、株主の皆さまへ継続的な配当を実施していくことを基本方針としています。しかしながら2020年度は多額の損失を計上しており、当期の配当については、財務の健全性維持の為、無配とさせていただきます。また、次期配当については、新型コロナウイルス感染症の影響、及び、財務状況を踏まえて慎重に検討させていただく為、現時点では未定としております。株主優待については、現行の優待制度の内容を継続とさせていただきます。当社は、株主の皆さまへの利益還元は経営上の最重要課題と認識しており、業績の回復に邁進してまいります。

 株主の皆さまにおかれましては、今後とも一層のご支援とご指導を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


株式会社すかいらーくホールディングス
代表取締役会長兼社長


2021/03/30 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}