株主の皆様へ


 株主の皆様におかれましては、日頃より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 当社第197回定時株主総会招集ご通知をご高覧願うにあたりまして、一言ご挨拶申し上げます。

 当社グループの第197期の業績は、創立120周年の節目にあたり新たにスタートさせました中期経営計画「Bridge to the Future~未来への架け橋~」に基づく経営戦略を推し進めました結果、前期に実施いたしました繊維・アパレル事業の構造改革に伴う減収がありましたものの、粗利率の改善効果や販売管理費の削減効果により繊維・アパレル事業セグメントの営業損益が10期ぶりに黒字化したことや堅調な商業施設事業に支えられ、営業利益以下の各段階で前期比増益の決算となりました。

 また、当期は120周年事業の一環として社名をダイトウボウ株式会社に改めるとともに、当社株式の魅力を高める等の観点から株主優待制度を導入するなど、様々な新しい改革に取り組むことが出来ました。

 これらは、ひとえに株主の皆様のご理解とご支援の賜物でございます。ここに改めて深く感謝申し上げます。

 今後は、引き続き、全社一丸となって経営諸施策に取り組み、さらなる企業価値の向上に努めてまいる所存でございます。

 株主の皆様におかれましては、引き続きご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


ダイトウボウ株式会社
代表取締役社長 山内 一裕
平成29年5月
山内 一裕
ダイトウボウ株式会社
代表取締役社長 山内 一裕
平成29年5月