第2号議案
取締役9名選任の件

 本株主総会終結の時をもって、取締役全員(9名)の任期が満了となりますので、取締役9名(うち社外取締役3名)の選任をお願いしたいと存じます。
 なお、候補者については、人事・報酬諮問委員会の答申を得て、取締役会において決定いたしました。また、社外取締役候補者の3名は、東京証券取引所が定める独立役員の要件を満たしております。
 取締役候補者は次のとおりです。

(注) 救仁郷豊氏は、2020年6月25日の就任後の取締役会出席回数を記載しております。

  1. 候補者番号1

    まのしろ 馬城 ふみお 文雄

    生年月日
    1953年3月3日生
    再任

    所有する当社の株式の数

    35,399株

    取締役在任期間

    15年

    取締役会出席回数

    13 回/ 13回( 100%)

    略歴、地位および担当

    1975年4 月
    十條製紙株式会社入社
    2001年7 月
    当社原材料本部林材部長
    2004年6 月
    当社原材料本部長代理
    2006年6 月
    当社取締役原材料本部長代理
    2007年4 月
    当社取締役八代工場長
    2009年6 月
    当社取締役原材料本部長
    2010年6 月
    当社常務取締役原材料本部長
    2012年6 月
    当社常務取締役企画本部長
    2013年4 月
    当社取締役、常務執行役員企画本部長、関連企業担当
    2014年6 月
    当社代表取締役社長、社長執行役員
    2019年6 月
    当社取締役会長(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

     馬城文雄氏は、当社取締役会長として、取締役会議長という立場から経営を監督し、当社グループのガバナンス強化の実現に貢献しています。社長在任時には、事業構造転換や既存事業の競争力強化、さらには新規事業の早期戦力化など、当社および当社グループの将来に向けた企業基盤強化を、強力なリーダーシップにより推進してきました。これらの経験と実績から、当社業務における社会的な責任・使命を十分に理解し、厳しい自己規律に基づいて、経営管理および事業運営を公正・的確に遂行する資質と見識を備えており、取締役会議長として経営を監督し、当社の更なる発展を牽引することが期待できることから、引き続き取締役候補者といたしました。

  2. 候補者番号2

    のざわ 野沢 とおる

    生年月日
    1959年3月10日生
    再任

    所有する当社の株式の数

    17,193株

    取締役在任期間

    7年

    取締役会出席回数

    13回/ 13回( 100%)

    略歴、地位および担当

    1981年4 月
    十條製紙株式会社入社
    2005年6 月
    当社管理本部財務部長
    2008年2 月
    当社管理本部経理部長
    2009年6 月
    当社管理本部長代理
    2013年4 月
    当社執行役員管理本部長代理
    2014年6 月
    当社取締役、執行役員企画本部長、関連企業担当
    2017年6 月
    当社取締役、常務執行役員企画本部長、関連企業担当
    2018年6 月
    当社取締役、常務執行役員企画本部長兼管理本部長、関連企業担当
    2019年6 月
    当社代表取締役社長、社長執行役員(現任)
    続きを読む

    重要な兼職状況

    日本製紙連合会会長

    取締役候補者とした理由

     野沢徹氏は、当社代表取締役社長として強力なリーダーシップを発揮して、当社および当社グループの企業価値の向上に貢献しています。企画本部長・管理本部長在任時から、事業構造転換や既存事業の競争力強化推進の中心的な役割を担い、社長就任後もこれらの施策推進をさらに加速し、当社および当社グループの将来に向けた企業基盤強化を着実に実現しています。これまでの経験と実績から、当社業務における社会的な責任・使命を十分に理解し、厳しい自己規律に基づいて、経営トップとして経営管理および事業運営を公正・的確に遂行する高い資質と見識を備えており、成長分野の事業拡大、新規事業の早期戦力化など、当社の更なる成長・発展を牽引するリーダーシップが期待できることから、引き続き取締役候補者といたしました。

  3. 候補者番号3

    ふくしま 福島 かずもり 一守

    生年月日
    1958年2月12日生
    新任

    所有する当社の株式の数

    11,851株

    略歴、地位および担当

    1980年4 月
    山陽国策パルプ株式会社入社
    2007年6 月
    当社白老工場長代理
    2009年7 月
    当社旭川工場長代理兼白老工場長代理
    2010年4 月
    当社北海道工場長代理兼旭川事業所長
    2011年4 月
    当社石巻工場長代理兼岩沼工場長代理
    2012年6 月
    当社石巻工場長代理
    2013年4 月
    当社執行役員 釧路工場長
    2016年6 月
    当社執行役員 情報・産業用紙営業本部長
    2017年6 月
    当社常務執行役員情報・産業用紙営業本部長
    2019年6 月
    当社専務執行役員 印刷用紙営業本部長(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

     福島一守氏は、専務執行役員印刷用紙営業本部長として、当社および当社グループの企業価値の向上に貢献しています。事業構造転換推進に際し、既存事業である洋紙事業の競争力強化の中心的役割を担い、生産体制再編成などの施策を実現しています。これまでの経験と実績から、当社業務における社会的な責任・使命を十分に理解し、厳しい自己規律に基づいて、経営トップとして経営管理および事業運営を公正・的確に遂行する資質と見識を備えており、今後も当社の更なる発展を牽引することが期待できることから、取締役候補者といたしました。

  4. 候補者番号4

    おおはる 大春 あつし

    生年月日
    1958年6月14日生
    新任

    所有する当社の株式の数

    12,283株

    略歴、地位および担当

    1983年4 月
    十條製紙株式会社入社
    2006年10月
    当社情報・産業用紙営業本部情報用紙一部長
    2008年7 月
    当社洋紙営業本部卸商営業部長
    2010年7 月
    当社洋紙営業本部印刷・直需営業部長
    2011年6 月
    当社印刷・情報用紙営業本部印刷・直需営業部長
    2012年6 月
    当社印刷・情報用紙営業本部長代理兼印刷・直需営業部長
    2013年4 月
    当社印刷用紙営業本部長代理
    2014年6 月
    当社情報用紙営業本部長
    2015年6 月
    当社執行役員 情報用紙営業本部長
    2016年6 月
    当社執行役員 印刷用紙営業本部長
    2019年6 月
    当社執行役員 情報・産業用紙営業本部長
    2020年6 月
    当社常務執行役員 情報・産業用紙営業本部長(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

     大春敦氏は、常務執行役員情報・産業用紙営業本部長として、当社および当社グループの企業価値の向上に貢献しています。既存事業競争力強化に向け営業部門の競争力強化の取り組みを推進しています。これまでの経験と実績から、当社業務における社会的な責任・使命を十分に理解し、厳しい自己規律に基づいて、経営管理および事業運営を公正・的確に遂行する資質と見識を備えており、今後も当社の更なる発展を牽引することが期待できることから、取締役候補者といたしました。

  5. 候補者番号5

    いいづか 飯塚 まさのぶ 匡信

    生年月日
    1960年1月17日生
    再任

    所有する当社の株式の数

    7,618株

    取締役在任期間

    2年

    取締役会出席回数

    13回/ 13回( 100%)

    略歴、地位および担当

    1984年4 月
    十條製紙株式会社入社
    2006年2 月
    大昭和・丸紅インターナショナル社(Daishowa-Marubeni
    International Ltd.)副社長
    2011年10月
    当社八代工場製造部長
    2014年6 月
    当社八代工場長代理
    2015年7 月
    当社企画本部長代理兼海外事業部長
    2017年6 月
    当社執行役員 北海道工場長
    2019年6 月
    当社取締役、執行役員企画本部長、関連企業担当
    2020年6 月
    当社取締役、執行役員Оpal社社長(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

     飯塚匡信氏は、当社取締役および執行役員Opal社社長として、当社および当社グループの企業価値の向上に貢献しています。これまでの経験と実績から、当社業務における社会的な責任・使命を十分に理解し、厳しい自己規律に基づいて、経営管理および事業運営を公正・的確に遂行する資質と見識を備えており、今後も当社の更なる発展を牽引することが期待できることから、引き続き取締役候補者といたしました。

  6. 候補者番号6

    いたくら 板倉 ともやす 智康

    生年月日
    1964年4月8日生
    新任

    所有する当社の株式の数

    3,923株

    略歴、地位および担当

    1988年4 月
    十條製紙株式会社入社
    2015年6 月
    当社管理本部経理部長
    2017年6 月
    当社管理本部長代理兼経理部長
    2018年6 月
    当社管理本部長代理
    2019年6 月
    当社執行役員 管理本部長(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

     板倉智康氏は、執行役員管理本部長として、当社および当社グループの企業価値の向上に貢献しています。工場を含めた経理部門での長年の経験・実績を通じて培われた経営感覚を活かし、当社業務における社会的な責任・使命を十分に理解し、厳しい自己規律に基づいて、経営管理および事業運営を公正・的確に遂行する資質と見識を備えており、今後も当社の更なる発展を牽引することが期待できることから、取締役候補者といたしました。

  7. 候補者番号7

    ふじおか 藤岡 まこと

    生年月日
    1950年3月27日生
    再任 社外 独立役員

    所有する当社の株式の数

    1,000株

    社外取締役在任期間

    5年

    取締役会出席回数

    13回/ 13回( 100%)

    略歴、地位および担当

    1972年4 月
    通商産業省(現経済産業省)入省
    1996年6 月
    同省大臣官房審議官
    2001年2 月
    アラブ首長国連邦駐箚特命全権大使
    2003年9 月
    経済産業省を退官
    2003年10月
    日本軽金属株式会社常勤顧問
    2004年6 月
    同社取締役常務執行役員
    2007年6 月
    同社取締役専務執行役員
    2012年10月
    日本軽金属ホールディングス株式会社取締役
    (CSR・監査統括室担当)(~2015年6月)
    2013年6 月
    日本軽金属株式会社取締役副社長執行役員(~2015年6月)
    2015年7 月
    公益社団法人新化学技術推進協会専務理事(~2019年6月)
    2016年6 月
    イーグル工業株式会社社外取締役(現任)
    NOK株式会社社外取締役(現任)
    当社社外取締役(現任)
    続きを読む

    重要な兼職状況

    NOK株式会社社外取締役、イーグル工業株式会社社外取締役

    社外取締役候補者とした理由および期待される役割の概要

     藤岡誠氏は、官・民両方の経験を通じて培われた幅広い見識と国際感覚を活かし、当社取締役の職務の執行について客観的な立場から監督と助言をいただけるものと期待し、引き続き社外取締役候補者といたしました。

  8. 候補者番号8

    はった 八田 ようこ 陽子

    生年月日
    1952年6月8日生
    再任 社外 独立役員

    所有する当社の株式の数

    0株

    社外取締役在任期間

    2年

    取締役会出席回数

    13回/ 13回( 100%)

    略歴、地位および担当

    1988年8 月
    Peat Marwick Main & Co.(現KPMG LLPニューヨーク事務所)
    入社
    1997年8 月
    同事務所パートナー
    2002年9 月
    KPMGピートマーウィック税理士法人(現KPMG税理士法人)
    パートナー
    2008年6 月
    学校法人国際基督教大学監事(現任)
    2015年6 月
    小林製薬株式会社社外監査役(現任)
    2016年6 月
    株式会社IHI社外監査役(~2020年6月)
    当社社外監査役(~2019年6月)
    2019年6 月
    当社社外取締役(現任)
    続きを読む

    重要な兼職状況

    学校法人国際基督教大学監事、小林製薬株式会社社外監査役

    社外取締役候補者とした理由および期待される役割の概要

     八田陽子氏は、直接企業経営に関与された経験はありませんが、国際的な会計事務所における豊富な経験と国際税務等に関する高い見識、および当社社外監査役としての経験を活かし、当社取締役の職務の執行について客観的な立場から監督と助言をいただけるものと期待し、引き続き社外取締役候補者といたしました。

  9. 候補者番号9

    くにごう 救仁郷 ゆたか

    生年月日
    1954年11月17日生
    再任 社外 独立役員

    所有する当社の株式の数

     0株

    社外取締役在任期間

    1年

    取締役会出席回数

    10回/ 10回( 100%)

    略歴、地位および担当

    1977年4 月
    東京ガス株式会社入社
    2007年4 月
    同社執行役員 資源事業本部原料部長
    2010年4 月
    同社常務執行役員 資源事業本部長
    2013年6 月
    同社取締役 常務執行役員 エネルギー生産本部長
    2014年4 月
    同社代表取締役 副社長執行役員 エネルギーソリューション本部長
    2015年4 月
    同社代表取締役 副社長執行役員 電力事業計画部、事業革新プロジェクト部、営業イノベーションプロジェクト部担当
    2016年4 月
    同社代表取締役 副社長執行役員 電力事業統括、エネルギー生産本部長、電力事業計画部担当(~2017年3月)
    2017年4 月
    東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社取締役会長(~2020年3月)
    2020年6 月
    当社社外取締役(現任)
    続きを読む

    社外取締役候補者とした理由および期待される役割の概要

     救仁郷豊氏は、東京ガス株式会社においてエンジニアリングや人事、調達、営業、海外事業など幅広い分野に携わり、さらに同社の経営陣幹部として経営の舵取りを担ってこられた豊富な経験と幅広い見識を活かし、当社取締役の職務の執行について客観的な立場から監督と助言をいただけるものと期待し、引き続き社外取締役候補者といたしました。

取締役候補者 各氏に関する特記事項

 当社は、当社の取締役、監査役および執行役員ならびに日本製紙クレシア㈱、日本製紙パピリア㈱および日本東海インダストリアルペーパーサプライ㈱の取締役および監査役を被保険者とした、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しており、本年8月に当該保険契約を更新する予定です。各取締役候補者が取締役に就任または再任した場合、各氏は、当該保険契約の被保険者に含められることとなります。当該契約の内容の概要は、以下のとおりです。

  1. 被保険者が自らの業務行為に起因し、株主や取引先などの第三者から損害賠償請求を受けた場合に被保険者が負担することとなった争訟費用や法律上の損害賠償金等を填補の対象としています。
  2. 被保険者が法令違反を認識して行った行為に起因する損害賠償請求等は填補の対象外としています。
  3. 当該保険契約の保険料は全額当社が負担しています。

社外取締役候補者 各氏に関する特記事項

  1. 藤岡誠氏、八田陽子氏および救仁郷豊氏は、会社法施行規則第2条第3項第7号に定める社外取締役候補者です。
  2. 当社は、社外取締役候補者を決定する際に、法令に定める社外性の要件に加え、東京証券取引所が定める独立性判断基準を満たし、一般株主との間で利益相反が生ずるおそれがないことも加味して、その独立性を判断しております。
  3. 当社は、上記の基準を踏まえて、藤岡誠氏、八田陽子氏および救仁郷豊氏が独立性を有すると判断しており、各氏が取締役に就任した場合は、当社は各氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として同取引所に届け出る予定です。
  4. 当社は、藤岡誠氏、八田陽子氏および救仁郷豊氏との間で、会社法第427条第1項に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任の責任限度額を法令が規定する額とする責任限定契約を締結しております。各氏の再任が承認された場合は、各氏との間で当該契約を継続する予定です。

社外取締役候補者 藤岡誠氏に関する特記事項

  1. 藤岡誠氏は、2015年6月まで日本軽金属株式会社の取締役を務めており、当社は同社との間に原材料関連の仕入取引がありますが、その取引額は僅少(当社の仕入金額が、同社の売上高に占める割合は、1%未満)です。
  2. 藤岡誠氏は、2019年6月まで公益社団法人新化学技術推進協会の専務理事を務めており、当社は同協会に会費を支払っていますが、その金額は僅少(年間100万円未満)です。
  3. 藤岡誠氏は、現在、イーグル工業株式会社の社外取締役を務めており、当社は同社との間に設備関連の仕入取引がありますが、その取引額は僅少(当社の仕入金額が、同社の売上高に占める割合は、1%未満)です。

社外取締役候補者 八田陽子氏に関する特記事項

  1. 八田陽子氏は、2020年6月まで株式会社IHIの社外監査役を務めており、当社は同社との間に設備関連の仕入取引がありますが、その取引額は僅少(当社の仕入金額が、同社の売上高に占める割合は、1%未満)です。
  2. 八田陽子氏は、2020年6月まで株式会社IHIの社外監査役を務めており、2019年1月、同社の民間航空機エンジン整備事業において不適切な作業が行われていたことが判明しました。これに対し、2019年3月に経済産業省より、認可を受けた修理の方法によって修理をするよう航空機製造事業法に基づく命令を受け、また2019年4月に国土交通省より、航空法に基づく業務改善命令を受けました。八田陽子氏は、当該事実が判明する以前より豊富な経験と高い見識に基づき法令遵守やリスク管理の重要性について提言を行っておりました。当該事実の判明後は、事実関係等の調査の進捗について逐次報告を受けて状況を把握し、安全性に対する影響を速やかに調査すること、再発防止に向けた適切な措置を講ずること、ならびにコンプライアンスのさらなる強化および徹底を図ることを求めるなど、その職責を果たしております。

社外取締役候補者 救仁郷豊氏に関する特記事項
救仁郷豊氏は、2017年3月まで東京ガス株式会社の取締役を務めており、当社は同社との間に燃料等の仕入取引がありますが、その取引額は僅少(当社の仕入金額が、同社の売上高に占める割合は、1%未満)です。


(注)
  1. 各候補者と当社との間には、特別の利害関係はありません。
  2. 所有する当社の株式の数には、各候補者の日本製紙役員持株会における持分株数が含まれております。
  3. 取締役会出席回数は、2020年度の在任中の実績を記載しております。なお、救仁郷豊氏は、2020年6月25日開催の第96回定時株主総会において新たに選任され、就任いたしましたので、出席対象取締役会の回数が他の取締役と異なります。
  4. 略歴に記載の十條製紙株式会社は、1993年4月1日付で商号を変更し、日本製紙株式会社となりました。
  5. 略歴に記載の山陽国策パルプ株式会社は、1993年4月1日付で当社と合併いたしました。
  6. 略歴に記載の北海道工場は2020年6月25日付で旭川工場と白老工場に分割いたしました。
前の議案へ次の議案へ
2021/06/29 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}