目標とする経営指標

 当社グループはイノベーションの創出による企業価値の向上を重視し、中長期計画の策定においては、資本スプレッド ※1を加味した目標と現状とのギャップを明確にしたうえで成長戦略を立案しております。開発テーマ等の投資判断においても、都度、資本コストを踏まえた評価をするなど、収益性と資本効率を重視した資源配分・経営判断を行っております。そのうえで、持続的な企業価値向上を端的に表し、かつ株主等ステークホルダーと共有できる指標として、2019年度から2021年度までを期間とする中期経営計画「IBI 21」においては、3年間でのCore EPS年平均成長率「High single digit(一桁台後半;一定為替レートベース)」を掲げております。

 用語解説 

※1 資本スプレッド 株主価値創造の指標の一つ。自己資本利益率から株主資本コスト(株主の期待する投資リターン)を引いて算出

次の項目へ
2019/03/28 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×