第1号議案
剰余金の処分の件

 当期の期末配当につきましては、下記の株主還元に関する基本方針を踏まえたうえで、当期の業績および経営体質の強化、将来の事業展開等を勘案し、下記のとおりといたしたいと存じます。

  1. 配当財産の種類
     金銭
  2. 配当財産の割当てに関する事項およびその総額
     当社普通株式1株につき金45円 総額2,513,078,370円
  3. 剰余金の配当が効力を生じる日
     2022年3月24日

<株主還元に関する基本方針>
 当社グループは、生活文化創造企業として、株主さまを含むすべてのステークホルダーの長期的な視点での満足度を向上し続けることで、持続的な成長を実現していくことを目指しております。
 配当につきましては、長期にわたり安定的な経営基盤の確保に努めつつ、安定的な配当を継続することを基本方針としております。
 そのため、当中期経営計画期間(2021年~2023年)においては現状の配当金額(年90円)を下限としますが、業績によっては見直しを検討してまいります。また安定配当を基本としながら、キャッシュ・フローや内部留保の状況等を総合的に勘案しつつ、自己株式の取得を機動的に行うなど株主還元に努めてまいります。
 内部留保につきましては、基盤事業や成長が見込まれる事業分野への設備投資と、将来の利益向上に寄与できる研究開発に充てる方針であります。

(ご参考) 配当金の推移


次の議案へ
2022/03/23 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}