中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題

 「2020年長期ビジョン」の達成に向け、最終ステージとして策定した4ヶ年中期経営計画では、【国内の収益性向上】【海外事業全体での黒字化必達】【次世代の成長ブランド構築】を目指し、以下の重点戦略に取り組んでおります。


❶基幹ブランドの安定成長とグループ収益牽引

(POLAブランド)

国内外でのブランドプレゼンスの更なる向上により、継続的成長への事業基盤を強化する
美意識・感度の高い顧客層への商品・サービス・体験を通じた新価値提供
先進的な研究成果を反映した、高機能エイジングケア・ホワイトニング商品の投入
新規出店の加速による、海外事業の拡大

(ORBISブランド)

ブランド差別性の創出により存在感を向上させ、高収益事業へと再成長を遂げる
世界観を体現するオルビスユーやディフェンセラでのコミュニケーションの徹底等、一貫したブランド発信
中国を中心としたアジアでのブランドプレゼンス向上と成長加速


❷海外事業全体での黒字化必達

(Jurliqueブランド)

オーストラリア・香港を中心とする重点市場でのブランド再建に注力し、プレミアムナチュラルスキンケアブランドとして確固たるプレゼンスを確立する

(H2O PLUSブランド)

ブランド力強化と戦略的な新製品投入により、顧客拡大を目指す

(基幹ブランド)

重点国に絞った成功モデル構築と効率化により収益を改善する


❸育成ブランドの拡大成長・新規ブランド創出・M&A

(THREEブランド)

海外展開の拡大や商材の拡充により、グローバルに存在感のあるライフスタイルブランドを創造する

(DECENCIAブランド)

潜在敏感肌層へのアプローチやフラッグシップ店出店により、敏感肌専門の高収益ブランドビジネスを実現する

(新規ブランド)

THREEを展開するACRO社より立ち上げたAmplitude ブランド、ITRIM ブランド、FIVEISM×THREEブランドの更なる成長
重点戦略であるM&A探索の継続実施


❹経営基盤の強化

(研究開発)

グループ長期的発展の成長エンジンとなる新価値創出のために、最先端科学の深耕と新領域の開拓を実行する
知財・研究の戦略策定や、世界各国の情報収集拠点を通じたオープンイノベーションの促進
付加価値とスピードを重視した基盤研究・化粧品開発の実行

(人材)

グループ横断型研修による継続的な経営幹部人材の育成
グローバル人材の確保(海外事業会社への派遣、積極的な採用)
グループ全体で人材を育成していくためのグループ人事戦略の実行

(ガバナンス)

コーポレートガバナンスの高度化(投資家との対話充実、サステナブルなESG活動)


❺資本効率の向上と株主還元の充実

(資本効率)

収益性向上と資本効率向上によるROE向上

(株主還元)

連結配当性向60%以上を基本とし、安定的な利益成長による株主還元の充実
自己株式取得は、投資戦略、当社株式の市場価格・流動性などを踏まえ検討


次の項目へ
2019/03/26 15:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×