第2号議案
取締役8名選任の件

 今回の定時株主総会終結の時をもって取締役6名全員が任期満了となります。これに伴い、経営体制の一層の強化及び経営の透明性の確保を図るため取締役2名を増員し、取締役8名の選任をお諮りするものであります。
 取締役候補者の氏名、略歴等は、次の通りであります。

(ご参考)役員コンピテンシーとは

 取締役及び経営陣に必要な行動特性を「ポーラ・オルビスグループ役員コンピテンシー」として定めております。コンピテンシーは、「市場・環境洞察力」「長期的ビジョン」「対人影響力」「美意識」など13項目を設定。取締役候補者の選定においては、社外コンサルタントによる評価を通じ、優れた経営者としてのコンピテンシーを保有していることを指標の一つとしております。一人ひとりが異なる強み、個性、経歴を持ち、多様性に富んだ役員構成とすることで、取締役会の監督機能を強化するとともに、審議の質を高めることを目指しております。

  1. 鈴木 郷史すずき さとし

    再任
    鈴木 郷史

    生年月日

    1954年3月18日生

    取締役会出席回数

    20回/20回(100%)

    所有する当社株式数

    50,632,480株

    略歴

    1979年4
    株式会社本田技術研究所入社
    1986年5
    株式会社ポーラ化粧品本舗(現株式会社ポーラ)入社 同社総合調整室長
    1996年2
    同社取締役
    1996年6
    ポーラ化成工業株式会社代表取締役社長
    2000年1
    株式会社ポーラ化粧品本舗代表取締役社長
    2006年9
    当社代表取締役社長(現任)
    2010年4
    株式会社ポーラ代表取締役会長
    2016年1
    同社会長(現任)

    重要な兼職の状況

    株式会社ポーラ会長

    取締役候補者とした理由

     鈴木郷史氏は、代表取締役社長として当社グループの継続的な成長の実現において実績があり、また2020年長期ビジョン達成やその先のグループビジョン策定においてリーダーシップを発揮し、グループ業績全体の安定的な成長と企業価値向上を図っております。2018年には、当社グループの強みである研究開発体制を刷新し、社内ベンチャー制度から新事業を開始すると同時に、上席執行役員制度を導入、2019年には任意の指名・報酬諮問委員会を設置するなどコーポレートガバナンスの高度化を図り、当社グループ全体において新しい取り組みを積極的に推進してまいりました。
     同氏は、「役員コンピテンシー」評価では、グループ全体の方向性を長期的な時間軸を持って思考することに最大の強みがあります。また、常に新しい見方を模索し、聖域なく思い切った方向転換を打ち出す行動発揮も特長としております。
     以上のことから、引き続き取締役として同氏の選任をお願いするものであります。

  2. 久米 直喜くめ なおき

    再任
    久米 直喜

    生年月日

    1961年6月9日生

    取締役会出席回数

    20回/20回(100%)

    所有する当社株式数

    111,708株

    略歴

    1984年4
    株式会社ポーラ化粧品本舗
    (現株式会社ポーラ)入社
    2004年10
    同社経理部長
    2005年4
    同社執行役員グループ組織戦略室長
    2007年1
    同社取締役
    当社執行役員総合企画室長兼
    グループ組織戦略室長
    2008年1
    当社取締役総合企画室長兼
    グループ組織戦略室長
    2011年7
    H2O PLUS HOLDINGS,LLC
    (現H2O PLUS HOLDINGS,INC.)取締役
    2012年2
    Jurlique International Pty. Ltd.取締役
    2014年1
    当社常務取締役(現任)
    2018年3
    当社常務取締役海外事業管理室長

    重要な兼職の状況

    重要な兼職はありません

    担当

    総合企画・IT・HR担当

    取締役候補者とした理由

     久米直喜氏は、経営企画及び経理財務部門の責任者を務めるなど、経営及び経理財務の豊富な経験と実績を有しております。2018年以降、Jurlique International Pty. Ltd.の黒字化に向けた抜本的なコスト構造改革とともに、中国事業の直営化を遂行してまいりました。また、「Amplitude」、「ITRIM」、「FIVEISM×THREE」の3つのブランドを立ち上げ、ブランドポートフォリオを拡充する一方で、医薬品事業譲渡を成功させ、主力のビューティケア事業へ経営資源を集中し投資効率の更なる向上に導きました。
     同氏は、「役員コンピテンシー」評価では、戦略思考の領域が強みであり、環境変化やトレンドを敏感に察知して当社グループの課題やインパクトを特定し手を打つ、中長期的な視点で仮説を立てて戦略・施策の立案に結び付けるといった行動発揮を特長としております。
     以上のことから、引き続き取締役として同氏の選任をお願いするものであります。

  3. 藤井 彰ふじい あきら

    再任
    藤井 彰

    生年月日

    1957年3月9日生

    取締役会出席回数

    20回/20回(100%)

    所有する当社株式数

    96,684株

    略歴

    1979年4
    株式会社ポーラ化粧品本舗
    (現株式会社ポーラ)入社
    2000年9
    同社多様化企画拡販部長
    2004年1
    株式会社大阪ポーラ代表取締役社長
    2005年4
    株式会社ポーラ化粧品本舗執行役員
    2007年1
    同社取締役カタログ事業部長
    2008年1
    同社取締役広報部長
    2008年3
    当社取締役
    2008年7
    当社取締役グループ広報室長
    株式会社ポーラ取締役
    2010年12
    当社取締役広報・IR室長
    2011年1
    当社取締役(現任)
    2015年1
    当社取締役コーポレートコミュニケーション室長

    重要な兼職の状況

    重要な兼職はありません

    担当

    財務・法務総務・広報・IR・CSR担当

    取締役候補者とした理由

     藤井彰氏は、当社グループ事業における豊富な事業経験に加え、コーポレートコミュニケーション部門の責任者を務めるなど、広報、IRの分野に精通しております。IR面では、積極的に株式市場との接点を増やすことで株主価値向上に向けて継続的に取り組み、2018年には「JPX日経インデックス400」銘柄に選定されたほか、IRに関連する賞の受賞を実現しました。
     同氏は、「役員コンピテンシー」評価では、中長期的な視点を持ち、幅広い視野で現状及び将来を見通し、方向性を描くことに強みがあります。また、環境変化や未知の領域においても柔軟に新たなことを学び取り、成果につなげていく行動発揮を特長としております。
     以上のことから、引き続き取締役として同氏の選任をお願いするものであります。

  4. 横手 喜一よこて よしかず

    再任
    横手 喜一

    生年月日

    1967年9月10日生

    取締役会出席回数

    20回/20回(100%)

    所有する当社株式数

    18,800株

    略歴

    1990年4
    株式会社ポーラ化粧品本舗
    (現株式会社ポーラ)入社
    2006年8
    株式会社フューチャーラボ代表取締役社長
    2011年7
    宝麗(中国)美容有限公司(ポーラ瀋陽)
    董事長兼総経理
    2015年1
    株式会社ポーラ執行役員商品企画部長
    2016年1
    同社代表取締役社長
    2016年3
    当社取締役
    2020年1
    当社取締役海外事業管理室長(現任)

    重要な兼職の状況

    重要な兼職はありません

    担当

    グループ海外展開担当
    海外事業管理室長

    取締役候補者とした理由

     横手喜一氏は、株式会社ポーラの代表取締役社長を務め、同社の成長の足元固めとして組織風土改革を推進するなど、優れた経営執行能力を有しております。また、長年の課題であった海外事業に弾みをつけ、今後の中長期的な成長投資領域を確立しました。
     同氏は、「役員コンピテンシー」評価では、自らが経験したことや直面する現象などから直観を得、それをもとに仮説を構築し目指すべき姿を描く概念的思考に強みがあります。また、厳しい場面であっても、自ら創意工夫し決断して局面を打開していく行動発揮も特長としております。
     以上のことから、引き続き取締役として同氏の選任をお願いするものであります。

  5. 小林 琢磨こばやし たくま

    新任
    小林 琢磨

    生年月日

    1977年9月1日生

    取締役会出席回数

    所有する当社株式数

    略歴

    2002年10
    株式会社ポーラ化粧品本舗
    (現株式会社ポーラ)入社
    2009年4
    株式会社decencia(現株式会社DECENCIA)
    マーケティング本部長
    2009年11
    同社取締役
    2010年2
    同社代表取締役社長
    2017年1
    オルビス株式会社取締役
    株式会社DECENCIA取締役
    2018年1
    オルビス株式会社代表取締役社長(現任)
    当社上席執行役員(現任)
    2020年1
    H2O PLUS HOLDINGS,INC.取締役(現任)

    重要な兼職の状況

    オルビス株式会社代表取締役社長
    H2O PLUS HOLDINGS,INC.取締役

    取締役候補者とした理由

     小林琢磨氏は、株式会社DECENCIA代表取締役社長として、同社を急成長に導いたのち、現在はオルビス株式会社代表取締役社長を務め、同社のリブランディングや組織改革を着実に実行し、市場に新たな価値を提案するなど、経営者として豊富な経験と実績を有しております。
     同氏は、「役員コンピテンシー」評価では、マーケティング領域を中心とした戦略的思考に長けており、長期的な視点で明確なビジョンを打ち出し、従来の枠組みに捉われない独自の発想ができることに強みがあります。また、経営者として成果創出への高い意欲と情熱のもと、スピード感をもって力強く推進できる行動発揮も特長としております。
     以上のことから、取締役として同氏の選任をお願いするものであります。

  6. 小宮 一慶こみや かずよし

    再任 社外 独立
    小宮 一慶

    生年月日

    1957年12月20日生

    取締役会出席回数

    19回/20回(95%)

    所有する当社株式数

    取締役在任期間

    5年

    略歴

    1981年4
    株式会社東京銀行
    (現株式会社三菱UFJ銀行)入社
    1991年11
    同社退社
    1991年12
    株式会社岡本アソシエイツ入社
    1994年3
    同社退社
    1994年4
    日本福祉サービス株式会社
    (現セントケア・ホールディングス株式会社)入社
    1996年1
    同社退社
    1996年1
    株式会社小宮コンサルタンツ
    代表取締役社長
    1997年6
    三恵技研工業株式会社社外監査役(現任)
    2002年6
    株式会社ワオ・コーポレーション
    社外取締役(現任)
    2003年3
    キャス・キャピタル株式会社
    社外取締役(現任)
    2005年3
    三恵技研ホールディングス株式会社
    社外監査役(現任)
    2011年6
    アポロメディカルホールディングス株式会社
    社外監査役(現任)
    2012年5
    株式会社カインドウエア社外取締役
    2014年10
    名古屋大学客員教授(現任)
    2015年3
    当社社外取締役(現任)
    2015年4
    株式会社小宮コンサルタンツ本社
    代表取締役社長(現任)
    2017年4
    株式会社小宮コンサルタンツ
    代表取締役会長(現任)

    重要な兼職の状況

    三恵技研工業株式会社 社外監査役
    株式会社ワオ・コーポレーション 社外取締役
    キャス・キャピタル株式会社 社外取締役
    三恵技研ホールディングス株式会社 社外監査役
    アポロメディカルホールディングス株式会社 社外監査役
    株式会社小宮コンサルタンツ本社 代表取締役社長
    株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役会長

    社外取締役候補者とした理由

     小宮一慶氏は、会社経営における豊富な知識と経験を有し、社外取締役として業務執行に対する監督等、適切な役割を果たしています。
     以上のことから、引き続き社外取締役として同氏の選任をお願いするものであります。

  7. 牛尾 奈緒美うしお なおみ

    再任 社外 独立
    牛尾 奈緒美

    生年月日

    1961年3月8日生

    取締役会出席回数

    20回/20回(100%)

    所有する当社株式数

    取締役在任期間

    2年

    略歴

    1983年4
    株式会社フジテレビジョン入社
    1989年2
    同社退社
    1998年4
    明治大学専任講師
    2003年4
    同大学助教授
    2007年4
    同大学准教授
    2009年4
    同大学情報コミュニケーション学部教授(現任)
    2009年8
    内閣府男女共同参画推進連携会議
    有識者議員
    2011年6
    株式会社セブン銀行社外監査役
    2014年6
    JXホールディングス株式会社
    (現JXTGホールディングス株式会社)社外監査役
    2016年4
    明治大学副学長(現任)
    2018年3
    当社社外取締役(現任)
    2019年2
    文部科学省第10期中央教育審議会委員(現任)
    2019年6
    株式会社静岡銀行社外監査役(現任)

    重要な兼職の状況

    明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
    明治大学 副学長
    株式会社静岡銀行 社外監査役

    社外取締役候補者とした理由

     牛尾奈緒美氏は、経営学・人的資源管理論を専門とし、働く女性の能力活用の問題に取り組むなど、幅広い知識と見識を持ち、上場企業の社外取締役としての経験を有しています。
     以上のことから、引き続き社外取締役として同氏の選任をお願いするものであります。
     なお、同氏は、過去に社外取締役及び社外監査役となること以外の方法で会社の経営に関与したことはありませんが、以上の理由により、社外取締役としての職務を適切に遂行することができるものと判断いたします。

  8. 山本 晶やまもと ひかる

    新任 社外 独立
    山本 晶

    生年月日

    1973年10月2日生

    取締役会出席回数

    所有する当社株式数

    取締役在任期間

    略歴

    2004年4
    東京大学大学院経済学研究科助手
    2005年4
    成蹊大学経済学部専任講師
    2008年4
    成蹊大学経済学部准教授
    2014年4
    慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授(現任)
    2015年12
    株式会社エムティーアイ社外取締役(現任)

    重要な兼職の状況

    慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 准教授
    株式会社エムティーアイ 社外取締役

    社外取締役候補者とした理由

     山本晶氏は、マーケティングを専門とし、主にデジタル環境下における消費者行動の研究に従事するなど、幅広い知識と見識を持ち、上場企業の社外取締役としての経験を有しています。
     以上のことから、社外取締役として同氏の選任をお願いするものであります。
     なお、同氏は、過去に社外取締役となること以外の方法で会社の経営に関与したことはありませんが、以上の理由により、社外取締役としての職務を適切に遂行することができるものと判断いたします。

2020/03/24 15:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×