第2号議案
株式併合の件

  1. 株式併合を必要とする理由

     全国証券取引所は、「売買単位の集約に向けた行動計画」に基づき、2018年10月1日までに国内上場会社の普通株式の売買単位(単元株式数)を100株に統一することを目指しています。
     当社は、東京証券取引所に上場する企業として、この趣旨を踏まえ、2017年10月16日開催の当社取締役会において、会社法第195条第1項に基づき、2018年10月1日をもって、当社株式の単元株式数を1,000株から100株に変更することを決議いたしました。(本議案が原案どおり承認可決されることを条件としております。)
     これにあわせて、投資単位を適切な水準に調整することを目的として、株式併合を行うものであります。

  2. 併合の割合

     当社の株式について、2株を1株に併合いたしたいと存じます。
     なお、株式併合の結果、1株に満たない端数が生じた場合には、会社法第235条の定めに基づき一括して処分し、その処分代金を端数が生じた株主さまに対して、端数の割合に応じて分配いたします。

  3. 株式併合の効力発生日

     2018年10月1日

  4. 効力発生日における発行可能株式総数

     120,000,000株

〈ご参考〉
 本議案が原案どおり承認可決された場合には、2018年10月1日をもって、当社定款の一部が次のとおり変更されます。


次の議案へ
2018/06/28 11:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×