第3号議案
監査役3名選任の件

 監査役全員(3名)は、本定時株主総会終結の時をもって任期満了となります。
 つきましては、監査役3名(うち社外監査役2名)の選任をお願いするものであります。
 また、本議案につきましては、監査役会の同意を得ております。
 監査役候補者は、次のとおりであります。
 なお、監査役候補者の選任にあたりましては、指名・報酬諮問委員会に諮問し、答申を受けたうえで決定しております。

  1. 候補者番号1

    かやま もりお香山 盛夫

    生年月日
    1955年4月6日生
    再任

    監査役在任年数

    4年(本株主総会終結時)

    取締役会への出席状況

    10回/10回

    監査役会への出席状況

    10回/10回

    所有する当社株式の数

    9,760株

    略歴、地位及び重要な兼職の状況

    2004年4月
    中央三井信託銀行㈱(現三井住友信託銀行㈱)町田支店長(2006年5月退職)
    2009年5月
    中央三井信用保証㈱ (現三井住友トラスト保証㈱)取締役企画部長兼業務部長(2010年3月退任)
    2010年4月
    当社入社、経営戦略企画本部企画部副部長
    2015年4月
    当社管理本部総務部参事
    2016年6月
    当社常勤監査役(現任)
    続きを読む

    監査役候補者とした理由

     香山盛夫氏は、金融機関出身者としての豊富な業務経験と幅広い見識、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、また当社に入社以来、管理部門、経営戦略企画部門に従事し、豊富な業務知識・経験を有しております。その経験から、「監査役選任基準」(17頁掲載)を満たしており、監査役として適任であると判断し、引き続き監査役候補者としております。

    責任限定契約

     当社は、同氏との間で、期待された役割を十分に発揮できるよう会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しており、同契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としております。
     同氏の再任が承認された場合、当社は同氏との間の同責任限定契約を継続する予定であります。

  2. 候補者番号2

    おおたか ゆきお大高 由紀夫

    生年月日
    1955年10月23日生
    再任 社外監査役候補者 独立役員

    監査役在任年数

    5年(本株主総会終結時)

    取締役会への出席状況

    9回/10回

    監査役会への出席状況

    9回/10回

    所有する当社株式の数

    0株

    略歴、地位及び重要な兼職の状況

    2004年5月
    ㈱みずほコーポレート銀行(現㈱みずほ銀行)バハレーン駐在員事務所所長
    2007年6月
    同行 欧州プロダクツ営業部ドバイ出張所所長 兼 バハレーン駐在員事務所所長(2008年3月退職)
    2008年6月
    大和製罐㈱ 資金部部長(2010年1月退職)
    2010年3月
    ゼブラ㈱ 理事 アジア中近東営業本部副本部長(2015年3月退職)
    2015年6月
    鬼怒川ゴム工業㈱ 取締役(社外取締役)(2016年10月退任)
    2015年6月
    当社監査役(社外監査役)(現任)
    2017年6月
    日本シイエムケイ㈱監査役(社外監査役)(現任)
    続きを読む

    社外監査役候補者とした理由

     大高由紀夫氏は、金融機関出身者としての海外における豊富な業務経験と幅広い見識、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、社外監査役に求められる役割・責務の発揮が期待でき、「監査役選任基準」及び「社外監査役選任基準」(17頁掲載)を満たしており、適任であると判断し、引き続き社外監査役候補者としております。

    独立性に関する事項

     同氏と当社の間には、監査役報酬以外に金銭の授受はないため、一般株主と利益相反が生じるおそれはありません。
     同氏は、当社の取引金融機関の一つである㈱みずほ銀行に勤務しておりましたが、同行を退職してから12年が経過しております。当社と同行グループは株式の相互保有もなく、借入金についても当社の海外子会社で300百万円のみであり、同行は当社の主要取引金融機関には該当しません。
     同氏は、大和製罐㈱の元部長、ゼブラ㈱の元理事及び鬼怒川ゴム工業㈱の元社外取締役並びに日本シイエムケイ㈱の社外監査役でありますが、各社と当社との間に特別の利害関係は有りません。
     したがいまして、同氏は、「社外取締役及び社外監査役の独立性判断基準」(17頁掲載)を満たしており、独立性が認められます。

    責任限定契約

     当社は、同氏との間で、期待された役割を十分に発揮できるよう会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しており、同契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としております。
     同氏の再任が承認された場合、当社は同氏との間の同責任限定契約を継続する予定であります。

  3. 候補者番号3

    かわしま まさひと川嶋 誠人

    生年月日
    1953年8月5日生
    再任 社外監査役候補者 独立役員

    監査役在任年数

    3年(本株主総会終結時)

    取締役会への出席状況

    10回/10回

    監査役会への出席状況

    10回/10回

    所有する当社株式の数

    0株

    略歴、地位及び重要な兼職の状況

    2004年5月
    ㈱東京三菱銀行(現㈱三菱UFJ銀行)大阪支社副支社長(2006年1月退職)
    2006年2月
    三菱UFJキャピタル㈱常務執行役員
    2006年6月
    同社 代表取締役常務(2009年6月退任)
    2009年6月
    エム・ユー・フロンティア債権回収㈱ 代表取締役副社長(2010年10月退任)
    2011年4月
    千代田化工建設㈱ 専務執行役員CFO
    2011年6月
    同社 代表取締役専務執行役員CFO(2017年6月退任)
    2017年6月
    当社監査役(社外監査役)(現任)
    続きを読む

    社外監査役候補者とした理由

     川嶋誠人氏は、金融機関出身者としての豊富な業務経験と幅広い見識、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、また千代田化工建設㈱代表取締役専務執行役員CFO兼 リスクマネジメント管掌を経験されるなど、社外監査役に求められる役割・責務の発揮が期待でき、「監査役選任基準」及び「社外監査役選任基準」(17頁掲載)を満たしており、適任であると判断し、引き続き社外監査役候補者としております。

    独立性に関する事項

     同氏と当社の間には、監査役報酬以外に金銭の授受はないため、一般株主と利益相反が生じるおそれはありません。
     同氏は、当社の取引金融機関の一つである㈱三菱UFJ銀行に勤務しておりましたが、同行を退職してから14年が経過しております。
     同行が保有する当社株式の議決権比率は2.49%と当社の主要株主には該当しません。一方、当社が保有する㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ株式の議決権比率は0.1%未満です。また、借入金についても当社の海外子会社で63百万円のみであり、同行は当社の主要取引金融機関には該当しません。
     同氏は、三菱UFJキャピタル㈱の元代表取締役常務及びエム・ユー・フロンティア債権回収㈱の元代表取締役副社長並びに千代田化工建設㈱の元代表取締役専務執行役員CFOでありますが、各社と当社との間に特別の利害関係はありません。
     したがいまして、同氏は、「社外取締役及び社外監査役の独立性判断基準」(17頁掲載)を満たしており、独立性が認められます。

    責任限定契約

     当社は、同氏との間で、期待された役割を十分に発揮できるよう会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しており、同契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としております。
     同氏の再任が承認された場合、当社は同氏との間の同責任限定契約を継続する予定であります。

(注)
  1. 各監査役候補者と当社の間に特別の利害関係はありません。
  2. 大高由紀夫、川嶋誠人の両氏は、社外監査役候補者であり、東京証券取引所が定める独立役員として届出しております。
  3. 監査役の在任年数は、本定時株主総会終結の時をもって、計算しております。
  4. 各監査役候補者の所有する当社株式数には、役員持株会を通じての保有分を含めた、2020年3月31日現在の状況を記載しております。


前の議案へ
2020/06/25 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}