第5号議案
取締役(監査等委員である取締役を除く。)に対する報酬額決定の件

 当社は、第2号議案「定款一部変更の件」が原案どおり承認可決されますと、監査等委員会設置会社に移行いたします。
 当社の取締役の報酬額は、2007年6月26日開催の当社第141回定時株主総会において、年額12億円以内(使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。)としてご承認いただき今日に至っておりますが、監査等委員会設置会社への移行に伴いこれを廃止し、新たに取締役(監査等委員である取締役を除く。)に対する報酬額を、員数及び経済情勢等諸般の事情も考慮して、年額10億円以内とさせていただきたいと存じます。また、当該報酬額には、従来どおり使用人兼務取締役の使用人分給与は含まないものといたしたいと存じます。
 現在の取締役は10名(うち社外取締役2名)であり、本議案に係る取締役(監査等委員である取締役を除く。)の員数は、第2号議案及び第3号議案「取締役(監査等委員である取締役を除く。)9名選任の件」が原案どおり承認可決されますと、9名(うち社外取締役2名)となります。
 社内取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬については、固定額の「基本報酬」、業績等に応じた「業績連動報酬」、「株式報酬」で構成します。社外取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬は、業務執行から独立した立場であることを考慮し、固定額の「基本報酬」のみとします。
 なお、本議案の決議の効力は、第2号議案に係る定款変更の効力が発生することを条件として生じるものといたします。

次の議案へ
2019/06/26 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×