当期の販売状況

 当期のグローバル販売台数は、市場別では、日本やアセアン地域での販売が増加した一方で、中国や米国、オーストラリアで販売が減少したことにより、前期比4.2%減の1,561千台となりました。車種別では、「CX-5」や「CX-8」等のクロスオーバーSUVの販売は引き続き好調に推移しております。

<日本>
 「CX-5」、「CX-8」及び「アテンザ」の商品改良モデルが販売を牽引したことにより、前期比2.0%増の215千台となりました。「CX-8」は、日本国内の3列シートSUV市場における2018年販売台数第1位を獲得するなど、導入以来、好調な販売が続いております。

<北米>
 米国は、需要の縮小が続くセダン系車種の販売減少に加え、他社との競争激化によりクロスオーバーSUVの販売環境も厳しさを増したことから、前期比5.7%減の287千台となりました。北米市場全体では、メキシコで販売台数が増加したものの、前期比3.2%減の421千台となりました。

<欧州>
 ドイツの販売台数が減少した一方で、ロシアでは需要の伸びを上回る販売台数となったほか、スペイン等でも販売台数が増加したことにより、前期比同水準の270千台となりました。車種別では、「MAZDA2」と「CX-5」の販売が好調に推移しております。

<中国>
 景気減速による需要縮小や販売競争の激化により、主要車種の販売台数が減少したことから、前期比23.3%減の247千台となりました。

<その他市場>
 主要市場であるオーストラリアは、他社との競争激化等による販売環境の悪化で前期比5.0%減の110千台となりましたが、タイやベトナムなどアセアン地域で前年を大きく上回る販売となったことにより、その他の市場全体では、前期比3.7%増の409千台となりました。

次の項目へ
2019/06/26 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×