第2号議案
取締役(監査等委員である取締役を除く。)9名選任の件

 本株主総会終結の時をもって、取締役(監査等委員である取締役を除く。)全員(9名)が任期満了となります。つきましては、取締役(監査等委員である取締役を除く。)9名の選任をお願いするものであります。 
 なお、取締役(監査等委員である取締役を除く。)候補者の指名にあたっては、透明性、公正性、客観性を一層高めるため、代表取締役及び社外取締役で構成する「役員体制・報酬諮問委員会」における審議を経ております。
 取締役(監査等委員である取締役を除く。)候補者は次のとおりであります。

  1. 候補者番号1

    こがい まさみち小飼 雅道

    生年月日
    1954年8月24日生
    小飼 雅道
    再任

    所有する当社株式の数

    12,400株

    取締役会出席状況

    12回中12回出席

    略歴、当社における地位及び担当並びに重要な兼職の状況

    1977年4月
    当社入社
    2004年6月
    当社 執行役員 防府工場長
    2006年4月
    当社 執行役員 オートアライアンス(タイランド)Co.,Ltd.社長
    2008年4月
    当社 常務執行役員 生産・物流担当補佐、コスト革新担当補佐、技術本部長
    2010年4月
    当社 専務執行役員 生産・物流・ITソリューション担当、コスト革新担当補佐、研究開発担当補佐
    2010年6月
    当社 取締役専務執行役員 生産・物流・ITソリューション担当、コスト革新担当補佐、研究開発担当補佐
    2013年6月
    当社 代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)
    2018年 6月
    当社 代表取締役会長
    現在に至る
    続きを読む

    重要な兼職の状況

    公益財団法人マツダ財団 理事長

    取締役候補者とした理由

    小飼雅道氏は、主に生産、物流領域における豊富な職務経験に加え、代表取締役社長兼CEOを務めるなど経営に関する豊富な知見を有するとともに、人格、識見ともに優れています。また、会長就任以降、取締役会議長として当社のコーポレートガバナンスをリードしてまいりました。これらの知見と実績等を踏まえ、取締役会の意思決定及び監督機能の一層の強化への貢献を期待し、取締役として選任をお願いするものです。

  2. 候補者番号2

    まるもと あきら丸本 明

    生年月日
    1957年8月18日生
    丸本 明
    再任

    所有する当社株式の数

    11,400株

    取締役会出席状況

    12回中12回出席

    略歴、当社における地位及び担当並びに重要な兼職の状況

    1980年4月
    当社入社
    1997年6月
    当社 主査本部主査
    1999年6月
    当社 取締役 品質担当補佐、商品品質本部長
    2002年6月
    当社 執行役員 欧州開発・生産担当
    2006年4月
    当社 常務執行役員 商品企画・プログラム開発推進担当
    2010年4月
    当社 専務執行役員 経営企画・商品戦略・商品収益管理担当、コスト革新担当補佐
    2010年6月
    当社 取締役専務執行役員 経営企画・商品戦略・商品収益管理担当、コスト革新担当補佐
    2013年6月
    当社 代表取締役副社長執行役員 社長補佐、米州事業・企画領域統括
    2017年4月
    当社 代表取締役副社長執行役員 社長補佐、米州事業・管理領域統括
    2018年6月
    当社 代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)
    現在に至る
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    丸本 明氏は、主に商品戦略、経営企画領域における豊富な職務経験に加え、代表取締役副社長を経て、現在は代表取締役社長兼CEOを務めるなど経営に関する豊富な知見を有するとともに、人格、識見ともに優れています。また、社長就任以降、力強いリーダーシップで全社を牽引し、当社の構造改革、企業価値向上に取り組んでまいりました。これらの知見と実績等を踏まえ、取締役会の意思決定及び監督機能の一層の強化への貢献を期待し、取締役として選任をお願いするものです。

  3. 候補者番号3

    ふじわら きよし藤原 清志

    生年月日
    1960年3月15日生
    藤原 清志
    再任

    所有する当社株式の数

    10,000株

    取締役会出席状況

    12回中11回出席

    略歴、当社における地位及び担当並びに重要な兼職の状況

    1982年3月
    当社入社
    2003年3月
    マツダモーターヨーロッパGmbH 副社長
    2005年6月
    当社 商品企画ビジネス戦略本部長
    2008年11月
    当社 執行役員 パワートレイン開発本部長
    2013年6月
    当社 常務執行役員 ビジネス戦略・商品・デザイン・コスト革新担当
    2015年4月
    当社 常務執行役員 研究開発・コスト革新担当、R&Dリエゾン室長、株式会社マツダE&T代表取締役社長
    2016年4月
    当社 専務執行役員 研究開発・MDI統括、コスト革新担当
    2016年6月
    当社 取締役専務執行役員 研究開発・MDI統括、コスト革新担当
    2017年4月
    当社 取締役専務執行役員 研究開発・MDI・コスト革新統括
    2018年6月
    当社 代表取締役副社長執行役員 社長補佐、北米事業・研究開発・MDI統括
    2019年4月
    当社 代表取締役副社長執行役員 社長補佐、グローバルマーケティング・販売・カスタマーサービス統括
    現在に至る
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    藤原清志氏は、主に商品、研究開発領域における国内外での豊富な職務経験に加え、現在は代表取締役副社長を務めるなど経営に関する豊富な知見を有するとともに、人格、識見ともに優れています。また、副社長就任以降、副社長の立場から全社を統括し、当社の構造改革、企業価値向上に取り組んでまいりました。これらの知見と実績等を踏まえ、取締役会の意思決定及び監督機能の一層の強化への貢献を期待し、取締役として選任をお願いするものです。

  4. 候補者番号4

    しょうぶだ きよたか菖蒲田 清孝

    生年月日
    1959年4月11日生
    菖蒲田 清孝
    再任

    所有する当社株式の数

    7,900株

    取締役会出席状況

    12回中12回出席

    略歴、当社における地位及び担当並びに重要な兼職の状況

    1982年3月
    当社入社
    2006年4月
    当社 防府工場副工場長
    2008年11月
    当社 執行役員 オートアライアンス(タイランド)Co.,Ltd.社長
    2010年4月
    当社 執行役員 技術本部長
    2013年6月
    当社 常務執行役員 グローバル生産・グローバル物流担当、技術本部長
    2016年4月
    当社 専務執行役員 品質・ブランド推進・生産・物流統括
    2016年6月
    当社 取締役専務執行役員 品質・ブランド推進・生産・物流統括
    2017年4月
    当社 取締役専務執行役員 品質・ブランド推進・購買・生産・物流統括
    現在に至る
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    菖蒲田清孝氏は、主に生産、物流、品質等の領域における国内外での豊富な職務経験と高い能力を有するとともに、人格、識見ともに優れています。また、取締役就任以降、品質、ブランド推進、購買、生産、物流領域を統括し、当社のビジネスの推進に貢献してまいりました。これらの知見と実績等を踏まえ、取締役会の意思決定及び監督機能の一層の強化への貢献を期待し、取締役として選任をお願いするものです。

  5. 候補者番号5

    おの みつる小野 満

    生年月日
    1958年12月25日生
    小野 満
    再任

    所有する当社株式の数

    900株

    取締役会出席状況

    12回中12回出席

    略歴、当社における地位及び担当並びに重要な兼職の状況

    1981年4月
    株式会社住友銀行(現 株式会社三井住友銀行)入行
    2011年4月
    同行 執行役員 国際与信管理部長
    2012年4月
    同行 執行役員 国際部門副責任役員、国際与信管理部長
    2015年6月
    同行 常任監査役
    2017年4月
    同行 常任監査役 退任
    2017年5月
    当社 顧問
    2017年6月
    当社 取締役専務執行役員 財務統括、法人販売統括補佐、グローバル広報担当
    2018年6月
    当社 取締役専務執行役員 財務・管理領域統括、法人販売統括補佐
    2019年6月
    当社 取締役専務執行役員 財務・管理領域統括
    現在に至る
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    小野 満氏は、金融機関において、執行役員として国際部門の要職を務め、また、常任監査役として業務執行の監査に携わるなど、国際的な企業の経営に関する豊富な経験と知見を有するとともに、人格、識見ともに優れています。また、取締役就任以降、財務、管理領域を統括し、当社のビジネスの推進に貢献してまいりました。これらの知見と実績等を踏まえ、取締役会の意思決定及び監督機能の一層の強化への貢献を期待し、取締役として選任をお願いするものです。

  6. 候補者番号6

    こが あきら古賀 亮

    生年月日
    1961年7月12日生
    古賀 亮
    再任

    所有する当社株式の数

    2,400株

    取締役会出席状況

    12回中12回出席

    略歴、当社における地位及び担当並びに重要な兼職の状況

    1984年3月
    当社入社
    2002年2月
    当社 経営企画部長
    2004年3月
    当社 企画本部長
    2008年11月
    当社 執行役員 企画本部長
    2011年4月
    当社 執行役員 マツダモーターオブアメリカ, Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)執行副社長(EVP)
    2013年6月
    当社 常務執行役員 マツダモーターオブアメリカ, Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)執行副社長(EVP)
    2016年4月
    当社 専務執行役員 経営企画・収益管理・グローバルITソリューション・MDI担当
    2017年4月
    当社 専務執行役員 企画領域統括、グローバルITソリューション・MDI担当
    2018年6月
    当社 取締役専務執行役員 企画領域統括、グローバルITソリューション・MDI担当
    2019年4月
    当社 取締役専務執行役員 企画領域・渉外・MDI&IT統括
    現在に至る
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    古賀 亮氏は、主に経営企画、財務領域における国内外での豊富な職務経験と高い能力を有するとともに、人格、識見ともに優れています。また、取締役就任以降、企画、渉外、MDI&IT領域を統括し、当社のビジネスの推進に貢献してまいりました。これらの知見と実績等を踏まえ、取締役会の意思決定及び監督機能の一層の強化への貢献を期待し、取締役として選任をお願いするものです。

  7. 候補者番号7

    もろ まさひろ毛籠 勝弘

    生年月日
    1960年11月8日生
    毛籠 勝弘
    再任

    所有する当社株式の数

    1,300株

    取締役会出席状況

    9回中9回出席

    略歴、当社における地位及び担当並びに重要な兼職の状況

    1983年3月
    当社入社
    2002年8月
    当社 グローバルマーケティング本部長
    2004年3月
    当社 マツダモーターヨーロッパGmbH.副社長
    2008年11月
    当社 執行役員 グローバル販売統括補佐、グローバルマーケティング担当
    2013年6月
    当社 常務執行役員 営業領域総括、グローバルマーケティング・カスタマーサービス・販売革新担当
    2016年1月
    当社 常務執行役員 マーケティング戦略統括、マツダモーターオブアメリカ, Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)社長兼CEO
    2016年4月
    当社 専務執行役員 マーケティング戦略統括、ブランド推進統括補佐、マツダモーターオブアメリカ, Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)社長兼CEO
    2019年4月
    当社 専務執行役員 北米事業統括、マツダモーターオブアメリカ, Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)会長兼CEO
    2019年6月
    当社 取締役専務執行役員 北米事業統括、マツダモーターオブアメリカ, Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)会長兼CEO
    現在に至る
    続きを読む

    重要な兼職の状況

    マツダモーターオブアメリカ, Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)会長兼CEO

    取締役候補者とした理由

    毛籠勝弘氏は、主にマーケティング、販売領域における国内外での豊富な職務経験と高い能力を有するとともに、人格、識見ともに優れています。また、マツダモーターオブアメリカ, Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)会長兼CEOとして北米事業を統括し、取締役就任以降も、当社のビジネスの推進に貢献してまいりました。これらの知見と実績を踏まえ、取締役会の意思決定及び監督機能の一層の強化への貢献を期待し、取締役として選任をお願いするものです。

  8. 候補者番号8

    さとう きよし佐藤 潔

    生年月日
    1956年4月2日生
    佐藤 潔
    再任 社外 独立

    所有する当社株式の数

    200株

    取締役会出席状況

    9回中9回出席

    略歴、当社における地位及び担当並びに重要な兼職の状況

    1979年4月
    東京エレクトロン株式会社入社
    2001年12月
    同社 クリーントラックビジネスユニットジェネラルマネージャー
    2003年6月
    同社 代表取締役社長
    2009年4月
    同社 取締役副会長
    2011年6月
    同社 取締役
    2014年7月
    同社 顧問(~2016年6月)
    2016年6月
    東京エレクトロン山梨株式会社 監査役
    2017年6月
    東芝機械株式会社(現 芝浦機械株式会社) 社外取締役
    現在に至る
    2017年7月
    東京エレクトロン株式会社 顧問(~2019年6月)
    2019年6月
    稲畑産業株式会社 社外取締役
    現在に至る
    2019年6月
    当社 社外取締役
    現在に至る
    続きを読む

    重要な兼職の状況

    芝浦機械株式会社 社外取締役
    稲畑産業株式会社 社外取締役

    社外取締役候補者とした理由

    佐藤 潔氏は、電機機器メーカーにおいて、長年にわたり海外事業を含む営業業務に従事し、営業・マーケティング領域に関する豊富な知見を有するとともに、代表取締役社長、取締役副会長などの要職を歴任し、企業の経営に関する豊富な経験、識見を有しております。これらに基づく有益な助言・提言を行うことにより取締役会の監督機能の向上に貢献いただいていることから、当社の経営に対して独立した立場からの一層の助言・監督を期待し、社外取締役として選任をお願いするものです。

  9. 候補者番号9

    おがわ みちこ小川 理子

    生年月日
    1962年12月4日生
    小川 理子
    再任 社外 独立

    所有する当社株式の数

    300株

    取締役会出席状況

    9回中9回出席

    略歴、当社における地位及び担当並びに重要な兼職の状況

    1986年4月
    松下電器産業株式会社(現 パナソニック株式会社)入社
    2014年5月
    同社 ホームエンターテインメント事業部 オーディオ成長戦略担当理事
    2015年4月
    同社 役員 テクニクスブランド事業担当、アプライアンス社常務 ホームエンターテインメント事業部テクニクス事業推進室長
    2015年11月
    同社 役員 テクニクスブランド事業担当、アプライアンス社常務 ホームエンターテインメント事業担当(兼)ホームエンターテインメント事業部長(兼)テクニクス事業推進室長
    2017年6月
    同社 執行役員 テクニクスブランド事業担当、アプライアンス社 副社長 ホームエンターテインメント・コミュニケーション事業担当(兼)ホームエンターテインメント事業部長(兼)テクニクス事業推進室長
    2018年1月
    同社 執行役員 テクニクスブランド事業担当、アプライアンス社 副社長 技術担当(兼)技術本部長、テクニクス事業推進室長
    2018年2月
    パーソルAVCテクノロジー株式会社 取締役
    現在に至る
    2018年6月
    一般社団法人日本オーディオ協会 会長
    現在に至る
    2019年6月
    当社 社外取締役
    現在に至る
    2019年10月
    パナソニック株式会社 テクニクスブランド事業担当参与、アプライアンス社副社長 技術担当(兼)技術本部長、テクニクス事業推進室長
    現在に至る
    続きを読む

    重要な兼職の状況

    パナソニック株式会社 参与
    パーソルAVCテクノロジー株式会社 取締役
    一般社団法人日本オーディオ協会 会長

    社外取締役候補者とした理由

    小川理子氏は、電機機器メーカーにおいて、長年にわたり音響技術開発業務に従事し、研究開発に関する高い知見を有するとともに、高級音響機器事業を担当する役員として同事業の再構築に携わるなど、企業の経営に関する豊富な経験、識見を有しております。これらに基づく有益な助言・提言を行うことにより取締役会の監督機能の向上に貢献いただいていることから、当社の経営に対して独立した立場からの一層の助言・監督を期待し、社外取締役として選任をお願いするものです。

■監査等委員会の意見

当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の選任及び報酬については、「役員体制・報酬諮問委員会」に監査等委員である社外取締役4名全員が出席し意見を述べるとともに、監査等委員会において候補者選任の方針、選任の手続、報酬体系、報酬額の算定方法等を審議いたしました。
この結果、監査等委員会としては、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の選任及び報酬等の内容のいずれについても、会社法の規定に基づき株主総会において陳述すべき特段の事項はないとの結論に至りました。

【ご参考】

第2号議案が承認可決された場合、取締役会の構成は次のとおりとなる予定であります。

(注)

代表取締役及び各取締役(監査等委員である取締役を除く。)の役位は本株主総会後の取締役会にて決定いたします。

以 上


前の議案へ
2020/06/24 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}