第3号議案
監査役1名選任の件

 監査役 伊香賀正彦は、本総会終結の時をもって任期が満了となりますので、監査役1名の選任をお願いしたいと存じます。なお、本議案に関しましては、監査役会の同意を得ております。

 監査役候補者は、次のとおりであります。

  1. かわい えりこ河合 江理子

    生年月日
    1958年4月28日生
    河合 江理子
    新任 社外 独立

    所有する当社株式の数

    0株

    略歴及び重要な兼職の状況

    1981年10月
    株式会社野村総合研究所入社
    1985年9月
    McKinsey & Company経営コンサルタント
    1986年10月
    Mercury Asset Management, SG Warburgファンドマネージャー
    1995年11月
    Yamaichi Regent ABC Polska投資担当取締役執行役員(CIO)就任
    1998年7月
    Bank for International Settlements(国際決済銀行)年金基金運用統括官
    2004年10月
    OECD(経済協力開発機構)年金基金運用統括官
    2008年3月
    Kawai Global Intelligence代表
    2012年4月
    京都大学高等教育研究開発推進機構教授
    2013年4月
    京都大学国際高等教育院教授
    2014年4月
    京都大学大学院総合生存学館教授 現在に至る
    2017年12月
    シミックホールディングス株式会社社外監査役就任
    2018年6月
    株式会社大和証券グループ本社社外取締役就任 現在に至る
    2019年12月
    シミックホールディングス株式会社社外取締役就任 現在に至る
    続きを読む

    兼職の状況

    一般財団法人未来を創る財団理事

    社外監査役候補者とした理由

    国際的な企業や国際機関における豊富な経験に加え、経営者としての経験と実績を当社の監査業務に活かしていただくため、社外監査役としての選任をお願いするものです。

(注)
  1. 候補者に関する事項
    河合江理子は、社外監査役候補者であります。
  2. 当社との間の特別な利害関係
    候補者と当社の間に特別の利害関係はありません。
  3. 社外監査役候補者との責任限定契約の内容の概要
    河合江理子が社外監査役に就任した場合、当社は同氏との間で、会社法第423条第1項に定める責任について、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額を限度とする契約を締結する予定です。
  4. 監査役候補者との賠償責任保険契約の内容の概要
    当社は全ての監査役を被保険者とする役員等賠償責任保険契約を締結しており、被保険者である監査役がその職務の執行に関し責任を負うこと、または当該責任の追及に係る請求を受けることによって負担することになる損害を補填することとしております。なお、河合江理子が社外監査役に就任した場合は、当該保険契約の被保険者となり、任期途中に当該保険契約を更新する予定です。
  5. 独立役員
    河合江理子が社外監査役に就任した場合、同氏を株式会社東京証券取引所の規程に定める独立役員として、同取引所に届け出る予定です。なお、当社の「独立役員選定基準」の概要は、第2号議案下部の(ご参考)に記載しています。
前の議案へ次の項目へ
2021/03/24 11:30:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}