第3号議案
監査役2名選任の件

 本総会終結の時をもって監査役 大澤洋氏、太田洋氏の2名が任期満了となります。
 つきましては、監査役2名(うち社外監査役1名)の選任をお願いするものであります。
 (監査役選任の考え方・選任プロセスについては58頁をご参照ください)
 なお、本議案につきましては、あらかじめ監査役会の同意を得ております。
 監査役候補者は31頁から34頁のとおりです。

  1. 候補者番号1

    さとう 佐藤 しんじ 愼二

    生年月日
    (1960年5月2日生)
    新任 男性

    所有する当社株式の数

    3,300株

    監査役候補者とした理由

     佐藤愼二氏は、1983年に三井物産株式会社へ入社後、長年にわたり経理財務業務を担当しており、財務および会計に関する相当程度の知見を有しております。また、同社の海外支社への駐在、関連会社の代表取締役や内部監査部検査役など、幅広い経験と実績があり、当社の社内常識に捉われない新鮮な視点を有しております。
     当社入社後は、経理法務本部(現 財務統括部)で本部長を務め、ROIC経営の推進、経理・財務に関わるプロセスの改善のほか、子会社を含めたリコーグループの内部統制の強化など、グループ本部としてのガバナンス強化にも貢献しております。また、GMC*メンバーとして、経営会議に参加し、変革期を迎えた当社の経営課題にも精通しており、それら社内の状況を踏まえた実効性の高い監査を期待できます。
     加えて、高いコミュニケーション能力と事実に基づく論理性、思慮深さをあわせ持っており、積極的な提言を行えると考えております。
     以上のことから、当社取締役会は、同氏が当社の監査役として適任であると判断し、同氏を監査役候補者としました。

    *GMC(グループマネジメントコミッティ):42頁参照

    監査役候補者からのメッセージ

     34年余りの商社勤務を経て、2017年12月に当社に入社後、これまで経理本部長として経理財務部門を担当してまいりました。商社では、内外の事業所および関係会社で経理・税務・財務ならびに内部監査などの仕事に従事してきました。その経験も活かし、当社では主に、決算の適正化・迅速化に向けての業務プロセスの改善、開示の充実、グループ会社を含めた内部統制の強化、資本収益性向上のための資本政策の立案・実施、ROIC経営の推進に取り組んでまいりました。
     当社は、第20次中期経営計画のスタートにあわせ、2021年度から社内カンパニー制を導入しました。各カンパニーへの徹底的な権限委譲による迅速な意思決定と、経営資源の最適配分による各カンパニーの資本効率経営を追求することで、事業成長と資本収益性の向上をさらに加速することが目的ですが、これを実現するには、今まで以上にグループガバナンスが重要になってきます。
     これまでも執行の立場で、当社のリスクマネジメント体制の強化に尽力してまいりましたが、今後はコーポレート・ガバナンス体制の一翼を担う監査役会の一員として、会計監査人・社内監査部門・取締役会・執行部隊とも連携し、適宜必要な助言・提言を行うことでグループガバナンスを強化し、当社の持続的な成長と企業価値向上に貢献したいと考えております。

    略歴、当社における地位および重要な兼職の状況

    1983年4月
    三井物産株式会社 入社
    2010年5月
    三井物産フィナンシャル
    マネジメント株式会社 
    代表取締役社長
    2012年4月
    三井物産株式会社アジア・
    大洋州本部 CFO
    アジア・大洋州三井物産株式会社
    Senior Vice President
    2015年4月
    三井物産株式会社内部監査部 
    検査役
    2017年12月
    当社入社
    顧問
    2018年4月
    執行役員 兼 財務担当
    経理法務本部 本部長
    Ricoh Americas Holdings, Inc. 
    社長(現在)(2021年6月退任予定)
    2019年6月
    リコーリース株式会社 
    取締役(現在)(2021年6月退任予定)
    2020年4月
    経理本部 本部長
    2021年4月
    財務統括部 部長(現在)
    (2021年6月退任予定)
    続きを読む

    当社を含む上場会社での役員兼職の状況(予定)

    業務執行あり 0社
    業務執行なし 1社
    ※本議案が承認された場合

  2. 候補者番号2

    おおた 太田 よう

    生年月日
    (1967年10月3日生)
    再任 男性 社外監査役候補者 独立役員

    所有する当社株式の数

    0株

    監査役在任期間

    4年(本総会終結時)

    2020年度における出席状況

    取締役会  12/12回(100%)
    監査役会  14/14回(100%)
    指名委員会  6/6回(100%)
    ※オブザーブ出席

    監査役候補者とした理由

     太田洋氏は、2003年1月より西村あさひ法律事務所パートナーとして、M&Aや企業法務全般における多くの案件対応実績があり、また、2014年7月より一般社団法人日本取締役協会のコーポレート・ガバナンス委員会で副委員長を務めるなど、コーポレート・ガバナンスの専門家としても活躍されております。
     当社においては、2017年6月の社外監査役就任以来、弁護士およびコーポレート・ガバナンス専門家の視点から、積極的かつ適正な監査活動を実践し、当社の企業価値向上とコーポレート・ガバナンス強化に向けて大きく貢献しております。
     さらに、2021年度からの当社の社内カンパニー制への体制変更に伴い、これまでの当社のガバナンス面での取り組みを知る立場で、的確な助言・提言を行うことができると考えております。
     以上のことから、当社取締役会は、同氏が当社の監査役として適任であると判断し、同氏を引き続き社外監査役候補者としました。

    監査役候補者からのメッセージ

     私が2017年6月に社外監査役に就任して以降、インド子会社の法的整理に始まり、昨年来のコロナ禍による業績の大きな落ち込みに至るまで、リコーグループにとっては、まさに激動の4年間であったと感じています。
     そのような中、私は、企業統治・M&Aを専門とする弁護士として、リコーグループのコーポレート・ガバナンスの強化に監査役の一員として全力で取り組み、他の監査役と協働して、監査役会の活動の「見える化」のための監査実績報告書の作成と開示、在任期間が長期に及んでいた会計監査人の交替、投資委員会の設置提言、指名委員会へのオブザーバー参加など、一定の成果を挙げることができたように思います。
     リコーグループは現在、コロナ禍を機に急速に進む社会・経済のデジタル化の中で、デジタルサービスの会社への変革を図っており、そのためにガバナンス面でも、社内カンパニー制の導入など、今までにない取り組みを進めています。そのような大きな変革に際して、リコーグループのコーポレート・ガバナンスが一段と実効的に機能するように、他の監査役はもとより、社内の内部監査部門や会計監査人・社外取締役とも密接に連携しつつ、実務法曹として長年培った知見や、他の上場会社における社外取締役・監査役としての経験などを最大限活かして、独立した社外監査役としての立場から、これからも微力を尽くしてまいる所存です。

    略歴、当社における地位および重要な兼職の状況

    2001年4月
    法務省民事局付
    (参事官室商法グループ)
    2003年1月
    西村あさひ法律事務所パートナー(現在)
    2005年6月
    カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社社外監査役
    2005年6月
    電気興業株式会社社外取締役(現在)
    2012年5月
    一般社団法人日本取締役協会幹事(現在)
    2013年4月
    東京大学大学院法学政治学研究科
    教授
    2013年6月
    公益財団法人ロッテ財団評議員(現在)
    2014年7月
    一般社団法人日本取締役協会 
    コーポレート・ガバナンス委員会
    副委員長(現在)
    2016年6月
    日本化薬株式会社社外取締役(現在)
    2017年6月
    当社社外監査役(現在)
    続きを読む

    重要な兼職の状況

    兼職先 西村あさひ法律事務所
    地位  パートナー
    兼職先 電気興業株式会社
    地位  社外取締役
    兼職先 日本化薬株式会社
    地位  社外取締役
    兼職先 一般社団法人日本取締役協会
    地位  協会幹事
    兼職先 一般社団法人日本取締役協会コーポレート・ガバナンス委員会
    地位  副委員長
    兼職先 公益財団法人ロッテ財団
    地位  財団評議員

    当社を含む上場会社での役員兼職の状況(予定)

    業務執行あり 0社
    業務執行なし 3社
    ※本議案が承認された場合


前の議案へ次の項目へ
2021/06/24 11:30:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}