第8号議案
定款一部変更の件(決算説明会の開催等)(株主提案)

1 議案の要領

 以下の章及び条文を新設する。
章 決算説明会の開催等
条文
(決算説明会の開催等)
 当会社は、四半期毎に決算説明会を開催するとともに、決算説明会の説明資料を公表する。なお、決算説明会及び説明資料の内容は下記事項を含むものとする。
▶ 業績(セグメント毎)、財務状況
▶ 企業価値向上の方針及び施策
▶ 中期経営計画及びその進捗状況
▶ 設備投資等の具体的な内容(目的、金額、ROI等)
▶ 株主還元の方針
▶ 政策保有株式の売却方針及び進捗状況

2 提案の理由

 コーポレートガバナンス・コードの基本原則5は、株主総会以外の場においても株主との間で建設的な対話を行うべきである旨規定し、原則5−1において「株主との建設的な対話に関する方針」が、原則5−2において「経営戦略や経営計画の策定・公表」が、それぞれ定められているところ、当社においては株主との建設的な対話に最も有効かつ簡便な方法である決算説明会が開催されていない上、決算に関する説明資料の公表もされていないため、上記基本原則に則った運営を求めるものです。

【当社取締役会の意見】

 反 対  当社取締役会は、本議案に反対いたします。

 当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために、株主や投資家との建設的な対話が重要であると認識しております。
 2018年5月には、10年後のありたい姿を示した新しい経営ビジョンおよび2018~2020年度中期経営計画を開示いたしました。これに基づき投資家向け業績説明会も開催することとしております。株主に向けても、より充実した説明資料の提供や説明会をはじめとするコミュニケーションの場を増やすことは必要と考えており、各種施策の実施に着手しております。
 これらの施策については、取締役会の考え方を基本に戦略的かつ機動的に実施することが重要であると考えており、定款に本議案のような規定を定める必要はないと考えます。


次の議案へ
2019/06/27 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×