(ご参考)丸紅グループのサステナビリティ

「今日より豊かな未来を創る」
当社グループは、サステナビリティへの取り組みを一層強化・推進していくために、基本的な考え方を改めて明確化しました。「今日より豊かな未来を創る」最も重要な基盤的な要素として、3つの「基盤マテリアリティ」を特定するとともに、それらを活用して、環境・社会課題の解決に貢献するため、4つの「環境・社会マテリアリティ」を定めました。また、関連する取り組み方針を新たに策定、改定しています。
当社グループにとってのサステナビリティとは、<社是『正・新・和』の精神に則り、公正明朗な企業活動を通じ、経済・社会の発展、地球環境の保全に貢献する、誇りある企業グループを目指す>という経営理念の実践そのものです。「今日より豊かな未来を創る」ため、世界の環境・社会課題を先取りし、イノベーションを生み出し、プロアクティブにソリューションを創出していきます。

サステナビリティ推進体制
当社グループでは、サステナビリティを推進していくための体制として、社外取締役・社外監査役をアドバイザーに迎え、社長直轄のサステナビリティ推進委員会を設置しています。2019年4月より体制強化の一環として、サステナビリティ推進委員会の委員長をChief Sustainable Development Officerとし、サステナビリティ推進部も新設しました。さらに、営業本部、コーポレートスタッフグループ内の各部、支社・支店・現地法人ごとに、サステナビリティ推進の責任者としてサステナビリティ・リーダーを、また、営業部ごとの責任者としてサステナビリティ・マネジャーを任命し、グループ一体となって、サステナビリティへの取り組みを進化させています。

詳しくは、丸紅ホームページ「サステナビリティ」をご覧ください。
『Sustainable Development Report 2019』:https://www.marubeni.com/jp/sustainability/report/
動画『今日より豊かな未来を創る』:https://www.marubeni.com/jp/sustainability/movie/
サステナビリティ説明会:https://www.marubeni.com/jp/sustainability/group/session/

基盤マテリアリティ

①マーケットバリューの高い人財
社会から必要とされ、広く評価を受ける人財を育て、多くのイノベーションを巻き起こし、ソリューションを提供していきます。
②揺るがない経営基盤
ブランドや信用力、財務基盤などの根源的な経営基盤のほか、企業風土や文化等、人財の力を最大限に引き出すための礎となる経営基盤を揺るぎないものに強化していきます。
③社会と共生するガバナンス
多様なステークホルダーとのエンゲージメントを深め、取締役の監督機能の実効性と経営の透明性を高めることで、社会と共生するガバナンスを強化していきます。

環境・社会マテリアリティ

①気候変動対策への貢献
当社グループは、グローバルに事業を展開するうえで、気候変動の問題が重大なリスクとなる一方、ビジネスの機会となりうると考えています。当社グループは地球市民の一人として、その事業活動を通して気候変動問題に取り組んでいきます。
②持続可能な森林経営、森林保全への貢献
森林破壊を起こさない、生態系への影響に配慮する、適切に管理された森林から生産された木材を調達するなどといった基本方針を明示し、かけがえのない森林を守っていきます。
③人権を尊重し、コミュニティとの共発展に貢献
④持続可能で強靭なサプライチェーンの構築、取引先との協働
ビジネスのあらゆる局面で人権を尊重し、世界各国のコミュニティとの共発展を図るほか、取引先の皆様と共に当社グループの持続可能で強靭なサプライチェーンを構築します。
「丸紅なら安心」という信頼感を深めていくことで、新たなビジネスチャンスを広げていきます。



2019/06/21 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×