当社グループの事業の経過及びその成果

企業環境

 当連結会計年度の経済環境を概観しますと、上半期においては、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、世界各国で外出制限等の感染拡大防止策が講じられました。その結果、早期に感染を抑止した中国を除き各国の経済活動は大幅に制限され、世界経済は急激に縮小しました。その後、各国は段階的に制限の緩和と経済活動の再開に着手し、多くの国で景気は一旦持ち直しました。
 下半期に入ると、二大経済大国である米国と中国が比較的力強い景気回復をみせた一方、日本や欧州は制限の再強化により景気が悪化する等、方向感に違いがみられました。また、多くの国でワクチン接種が始まりましたが、供給の問題等から各国での接種ペースにばらつきがみられました。
 戦後最悪とも言われる景気悪化を受け、各国政府・中銀は家計・企業・金融市場を支えるため、かつてない規模の財政出動を含むあらゆる政策手段を総動員しました。迅速かつ大規模な財政金融政策を受け、金融市場は混乱を回避し、株価は反発する等、大きく落ち込んだ実体経済との乖離がみられました。年明け以降は巨額の追加経済対策が可決された米国を中心に、経済見通しやインフレ期待の上方修正により長期金利の上昇が加速しました。
 一次産品価格は、原油が昨年4月に一時大暴落したものの、その後は減産と経済活動再開への期待、世界的な金融緩和を受けて緩やかに持ち直しました。一方、中国経済の影響を強く受ける銅や鉄鉱石等の価格は総じて上昇が続きました。

連結業績

収益
 収益は、主に食料の減収により、前連結会計年度比(以下、前年度比)4,952億円(7.3%)減収の6兆3,324億円となりました。
売上総利益
 売上総利益は前年度比214億円(3.1%)減益の6,754億円となりました。オペレーティング・セグメント別には、主に電力、航空・船舶、金属で減益、アグリ事業で増益となりました。
営業利益(*1)
 営業利益は、売上総利益が減益となったものの、経費削減努力に加えて新型コロナウイルス感染症の影響に伴う経費の減少もあり、前年度比77億円(5.7%)増益の1,416億円となりました。
持分法による投資損益
 持分法による投資損益は、前年度に計上した減損損失の反動により、前年度比1,964億円(-%)改善の1,413億円となりました。オペレーティング・セグメント別には、主に金属、金融・リース事業、アグリ事業、インフラプロジェクトで改善となりました。
親会社の所有者に帰属する当期利益(損失)
 親会社の所有者に帰属する当期利益(損失)は、前年度に計上した減損損失等の一過性損失の反動により、前年度比4,228億円(-%)改善の2,253億円の利益となりました。

連結キャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フロー
 営業収入及び配当収入並びに営業資金負担の改善等により、3,971億円の収入となりました。前年度比では701億円の収入の増加であります。営業活動によるキャッシュ・フローから、営業資金の増減等を控除した「基礎営業キャッシュ・フロー」は、3,696億円となりました。
投資活動によるキャッシュ・フロー
 株式の売却収入があったものの、持分法適用会社の株式取得及び海外事業における資本的支出等により、1,163億円の支出となりました。前年度比では935億円の支出の減少であります。投資の回収等による収入は1,083億円となりました。新規投資・CAPEX(資本的支出)等による支出は2,246億円となりました。

  以上により、当連結会計年度のフリーキャッシュ・フローは2,808億円の収入となりました。前年度比では1,636億円の収入の増加であります。
財務活動によるキャッシュ・フロー
 社債及び借入金等の返済並びに配当金の支払いを行った結果、685億円の支出となりました。前年度比では248億円の支出の減少であります。

連結財政状態

総資産・ネット有利子負債(*2)・資本合計・ネットDEレシオ
 当連結会計年度末における総資産は、持分法適用会社の株式取得や海外事業における資本的支出に加えて、円安の影響により、前連結会計年度末比(以下、前年度末比)6,189億円増加の6兆9,390億円となりました。ネット有利子負債は、フリーキャッシュ・フローでの収入等により、前年度末比1,712億円減少の1兆6,879億円となりました。資本合計は、純利益の積上げによる利益剰余金の増加及び円安による在外営業活動体の換算差額の増加等により、前年度末比3,072億円増加の1兆9,118億円となりました。この結果、ネットDEレシオは0.88倍となりました。

(*1)

営業利益は、投資家の便宜を考慮し、日本の会計慣行に従った自主的な表示であり、IFRSで求められている表示ではありません。
営業利益は、連結包括利益計算書における売上総利益、販売費及び一般管理費、貸倒引当金繰入額の合計額として表示しております。

(*2)

ネット有利子負債は、社債及び借入金(流動・非流動)の合計額から現金及び現金同等物、定期預金を差し引いて算出しております。


次の項目へ
2021/06/24 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}