第1号議案
剰余金の処分の件

期末配当に関する事項
 当社は、業績に応じた株主利益還元策として、普通株式配当につき、2022年度を目処に連結配当性向40%程度への引き上げを目指すこととしており、資本十分性の確保を前提として、中長期的な利益成長に向けた資本活用、資本効率性改善効果のバランスを踏まえつつ、機動的な自己株式取得等の実施により、株主還元の強化を目指す方針を掲げております。当期(2020年度)の期末配当につきましては、この株主還元方針を踏まえつつ、当期の業績等を総合的に勘案いたしまして、次のとおりといたしたいと存じます。

  1. 配当財産の種類
    金銭といたします。

  2. 配当財産の割当てに関する事項及びその総額
    普通株式  1株につき75円00銭 総額 28,122,579,150円
    なお、2020年12月にお支払いいたしました中間配当金(1株につき75円00銭)を含め、この1年間にお支払いする普通株式の配当金の合計は1株につき150円00銭となります。

  3. 剰余金の配当が効力を生じる日
    2021年6月24日

(ご参考)
 当社は、かねてより株主の皆さまへの利益還元の強化に取り組んでおり、2021年度の普通株式配当を1株につき10円増配の160円、連結配当性向を38.7%と予想しております。


次の議案へ
2021/06/23 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}