会社役員に関する事項

(1)会社役員の状況

1.取締役 横山禎徳、同 野村晋右、同 アーサー M. ミッチェル、同 河野雅治、同 桜井恵理子の5氏は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。

2.監査役 宇野郁夫、同 伊東 敏、同 鶴田六郎の3氏は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。

3.当社は、取締役 横山禎徳、同 野村晋右、同 アーサー M. ミッチェル、同 河野雅治、同 桜井恵理子の5氏及び監査役 宇野郁夫、同 伊東 敏、同 鶴田六郎の3氏を、株式会社東京証券取引所など国内の金融商品取引所の定めに基づく独立役員として指定しております。

4.平成29年4月1日付 地位及び担当の異動並びに重要な兼職の変更

取締役会長
奥 正之 取締役
取締役社長(代表取締役)
宮田 孝一 取締役会長
株式会社三井住友銀行取締役会長
取締役
國部 毅 取締役社長(代表取締役)
グループCEO
株式会社三井住友銀行頭取(代表取締役)を辞任
取締役(代表取締役)
伊藤 雄二郎 取締役(代表取締役)を辞任
株式会社三井住友銀行取締役(代表取締役)を辞任
取締役
荻野 浩三 監査部担当を解く
グループCRO
リスク統括部、投融資企画部担当役員
株式会社三井住友銀行取締役(代表取締役)
取締役
太田 純 取締役(代表取締役)
グループCFO 兼 グループCSO 兼 グループCDIO
広報部、企画部、財務部、グループ事業部、ITイノベーション推進部担当役員
決済企画部担当
株式会社三井住友銀行取締役を辞任
取締役
谷崎 勝教 グループCIO
IT企画部、データマネジメント部、事務統括部担当役員
取締役
野田 浩一 取締役を辞任
株式会社三井住友銀行専務執行役員

5.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くこととなる場合に備え、全社外監査役の補欠として補欠監査役を1名選任しております。

補欠監査役
角田 大憲

当事業年度中に辞任した会社役員

地位及び担当、重要な兼職は辞任時点でのものであります。

(2)会社役員に対する報酬等

1.記載金額は、単位未満を切り捨てて表示しております。

2.取締役の使用人としての報酬その他の職務遂行の対価はありません。

3.取締役及び監査役の報酬等の額のうち、株式報酬型ストックオプション(新株予約権)に関する報酬等を除く額は、平成27年6月26日開催の定時株主総会において取締役が年額550百万円以内(うち社外取締役100百万円以内)、平成20年6月27日開催の定時株主総会において監査役が年額180百万円以内と決議されております。また、株式報酬型ストックオプション(新株予約権)に関する報酬等の額は、平成22年6月29日開催の定時株主総会において、取締役(社外取締役を除く)が年額200百万円以内、監査役(社外監査役を除く)が年額80百万円以内と決議されております。

4.報酬等の額には、取締役に対する役員賞与金の支払いに係る費用70百万円が含まれております。

5.報酬等の額には、取締役及び監査役に対して当事業年度に付与された株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の割当てに係る費用44百万円(取締役33百万円、監査役10百万円)が含まれております。

6.後記「社外役員に対する報酬等」を含めた金額を記載しております。

(ご参考)会社役員の報酬等についての考え方

当社は、「最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、お客さまと共に成長するグローバル金融グループ」を目指すという中長期ビジョンに基づいた経営計画に沿って、役員報酬制度を設計しております。具体的には、当社の役員の報酬等は、基本報酬、賞与、株式報酬型ストックオプションで構成されています。

基本報酬は、役員としての職務内容・業務実績等を勘案し、賞与は、年度の業績評価や役員個人の短期及び中長期的な観点での職務遂行状況等を勘案して決定しております。株式報酬型ストックオプションは、業務執行から独立した立場である社外役員を対象外としたうえで、役員の職位に応じた当社の新株予約権を付与しております。

(3)責任限定契約

議決権行使期間は終了しました