第2号議案
取締役9名選任の件

 取締役10名全員は、本定時株主総会終結の時をもって任期が満了いたしますので、取締役9名の選任をお願いいたしたいと存じます。
 その候補者は次のとおりであります。

  1. 候補者番号1

    なかにし かつのり中西 勝則

    生年月日
    1953年6月15日
    中西 勝則
    再任

    所有する当行の株式の数

    60,000株

    略歴、地位、担当および重要な兼職の状況

    1976年4月
    当行入行
    1998年12月
    人事部副部長兼人事課長
    1999年4月
    理事人事部長
    1999年6月
    理事経営管理部長
    2001年6月
    取締役執行役員経営企画部長
    2003年6月
    取締役常務執行役員
    2005年4月
    取締役常務執行役員 企画・管理担当経営統括副本部長
    2005年6月
    取締役頭取
    2017年3月
    静岡ガス株式会社取締役(現任)
    2017年6月
    取締役会長(現任)
    静岡鉄道株式会社取締役(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    中西勝則氏は、経営管理部長、経営企画部長等を歴任し、銀行経営に必要な経験と幅広い知見を有しております。また、2005年6月から頭取、2017年6月から会長を務め、長く当行経営を担っており、経営の重要事項の決定および業務執行に対する監督など適切な役割を果たしていることから、引き続き取締役候補者としたものであります。

  2. 候補者番号2

    しばた ひさし柴田 久

    生年月日
    1963年11月18日
    柴田 久
    再任

    所有する当行の株式の数

    22,300株

    略歴、地位、担当および重要な兼職の状況

    1986年4月
    当行入行
    2003年1月
    本店営業部課長
    2004年6月
    社団法人全国地方銀行協会出向ビジネスプロフェッショナル兼経営企画部東京事務所ビジネスプロフェッショナル
    2005年6月
    経営企画部企画グループ長
    2009年6月
    理事経営企画部長
    2011年4月
    理事呉服町支店長
    2011年6月
    執行役員呉服町支店長
    2012年6月
    常務執行役員 証券国際担当営業副本部長、首都圏カンパニー長兼東京支店長
    2013年4月
    常務執行役員 首都圏営業本部担当営業副本部長、首都圏カンパニー長兼東京支店長
    2013年10月
    常務執行役員 首都圏営業本部担当営業副本部長、首都圏カンパニー長兼東京営業部長
    2014年6月
    取締役常務執行役員 審査担当営業副本部長
    2016年6月
    取締役常務執行役員 経営企画・経営管理担当経営統括副本部長
    2017年6月
    取締役頭取(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    柴田久氏は、呉服町支店長、首都圏カンパニー長兼東京営業部長等を歴任するなど、豊富な業務経験を有し、銀行業務に精通しております。また、2017年6月から頭取を務め、経営の重要事項の決定および業務執行に対する監督など適切な役割を果たしていることから、引き続き取締役候補者としたものであります。

  3. 候補者番号3

    やぎ みのる八木 稔

    生年月日
    1963年5月7日
    八木 稔
    再任

    所有する当行の株式の数

    21,600株

    略歴、地位、担当および重要な兼職の状況

    1987年4月
    当行入行
    2003年6月
    静銀経営コンサルティング株式会社出向ビジネスプロフェッショナル
    2004年6月
    経営管理部人事開発グループ長
    2008年6月
    新通支店長
    2010年1月
    焼津支店長
    2011年4月
    理事経営企画部長
    2012年6月
    執行役員経営企画部長
    2014年6月
    取締役常務執行役員 経営企画・経営管理担当経営統括副本部長
    2016年6月
    取締役常務執行役員 審査担当営業副本部長
    2017年6月
    取締役専務執行役員 経営統括本部長
    2019年6月
    取締役専務執行役員 経営統括本部長 経営企画部、経営管理部、秘書室、イノベーション推進室 担当(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    八木稔氏は、焼津支店長、経営企画部長等を歴任するなど、豊富な業務経験を有し、銀行業務に精通しております。また、2014年6月から取締役を務め、経営の重要事項の決定および業務執行に対する監督など適切な役割を果たしていることから、引き続き取締役候補者としたものであります。

  4. 候補者番号4

    いいお ひでひと飯尾 秀人

    生年月日
    1957年11月10日
    飯尾 秀人
    再任

    所有する当行の株式の数

    24,400株

    略歴、地位、担当および重要な兼職の状況

    1980年4月
    当行入行
    1997年4月
    浜松支店課長
    1998年4月
    浜松西支店長
    2000年6月
    静銀総合サービス株式会社出向
    主任調査役
    2002年6月
    名古屋支店副支店長
    2003年5月
    監査部検査グループ長
    2004年6月
    オペレーション企画部システム企画グループ長
    2004年10月
    オペレーション企画部システムリスクグループ長
    2005年4月
    リスク統括部オペレーショナルリスクグループ長
    2005年6月
    事務サポート部長
    2008年6月
    理事事務サポート部長
    2009年10月
    理事経営企画部担当部長 静岡コンピューターサービス株式会社(現 静銀ITソリューション株式会社)代表取締役専務執行役員
    2010年6月
    取締役執行役員 IT業務担当
    2012年6月
    静岡コンピューターサービス株式会社(現 静銀ITソリューション株式会社)代表取締役社長
    2015年4月
    常務執行役員 次世代システム担当
    2015年10月
    常務執行役員 システム担当経営統括副本部長
    2017年6月
    取締役常務執行役員 業務担当営業副本部長・システム担当経営統括副本部長
    2019年6月
    取締役常務執行役員 業務担当営業副本部長・システム担当経営統括副本部長兼次世代システム部長 事務サポート部、次世代システム部 担当(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    飯尾秀人氏は、事務サポート部長、静岡コンピューターサービス株式会社(現 静銀ITソリューション株式会社)の代表取締役等を歴任するなど、豊富な業務経験を有し、銀行業務に精通しております。また、2010年6月から2年間、さらに、2017年6月から再び取締役を務め、経営の重要事項の決定および業務執行に対する監督など適切な役割を果たしていることから、引き続き取締役候補者としたものであります。

  5. 候補者番号5

    きよかわ こういち清川 公一

    生年月日
    1965年3月18日
    清川 公一
    新任

    所有する当行の株式の数

    24,400株

    略歴、地位、担当および重要な兼職の状況

    1988年4月
    当行入行
    2004年6月
    経営企画部企画グループビジネスプロフェッショナル
    2006年6月
    ニューヨーク支店長
    2009年6月
    沼津支店副支店長
    2009年10月
    沼津支店副支店長(本町支店長兼務)
    2010年4月
    藤枝支店長
    2012年4月
    経営管理部担当部長
    2012年6月
    理事経営管理部長
    2014年6月
    執行役員経営企画部長
    2016年6月
    執行役員リスク統括部長
    2017年6月
    執行役員清水支店長
    2019年6月
    執行役員本店営業部長(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    清川公一氏は、清水支店長、本店営業部長等を歴任するなど、豊富な業務経験を有し、銀行業務に精通しております。また、2014年6月から執行役員を務めており、これまでの実績を踏まえ、当行の経営を担うに相応しい人材であると判断し、新任の取締役候補者としたものであります。

  6. 候補者番号6

    ながさわ よしひろ長沢 芳裕

    生年月日
    1956年11月30日
    長沢 芳裕
    再任

    所有する当行の株式の数

    16,800株

    略歴、地位、担当および重要な兼職の状況

    1980年4月
    当行入行
    1996年12月
    富士中央支店推進役
    1997年12月
    しずはた支店長
    1999年6月
    審査部調査グループ長
    2002年6月
    本店営業部副部長
    2004年6月
    三島支店長
    2005年6月
    理事三島支店長
    2007年1月
    理事審査部長
    2010年4月
    執行役員審査部長
    2011年6月
    執行役員本店営業部長
    2013年6月
    取締役常務執行役員 審査担当営業副本部長
    2014年6月
    取締役常務執行役員 リスク管理・コンプライアンス担当経営統括副本部長
    2015年6月
    取締役常務執行役員 経営統括本部長
    2017年6月
    取締役常務執行役員 リスク統括・コンプライアンス担当経営統括副本部長
    2019年4月
    取締役常務執行役員 リスク統括・コンプライアンス担当経営統括副本部長兼コンプライアンス部長
    2019年6月
    取締役常務執行役員 コンプライアンス・リスク統括担当経営統括副本部長兼コンプライアンス・リスク統括部長 コンプライアンス・リスク統括部 担当(現任)
    続きを読む

    取締役候補者とした理由

    長沢芳裕氏は、本店営業部長、コンプライアンス・リスク統括部長等を歴任するなど、豊富な業務経験を有し、銀行業務に精通しております。また、2013年6月から取締役を務め、経営の重要事項の決定および業務執行に対する監督など適切な役割を果たしていることから、引き続き取締役候補者としたものであります。

  7. 候補者番号7

    ふじさわ くみ藤沢 久美

    生年月日
    1967年3月15日
    藤沢 久美
    再任 社外取締役候補者

    所有する当行の株式の数

    0株

    略歴、地位、担当および重要な兼職の状況

    1995年4月
    株式会社アイフィス設立 同社代表取締役(1999年7月退任)
    2004年6月
    一般社団法人投資信託協会理事(現任)
    2004年11月
    株式会社ソフィアバンク取締役
    2005年4月
    法政大学大学院客員教授(2015年3月退任)
    2006年6月
    トレンダーズ株式会社監査役(2010年6月退任)
    2006年7月
    シンメトリー・ジャパン株式会社取締役(2015年3月退任)
    2011年6月
    日本証券業協会公益理事(現任)
    2012年2月
    株式会社東日本大震災事業者再生支援機構取締役(2016年6月退任)
    2013年6月
    当行取締役 業務監督委員会委員(現任)
    ミュージックセキュリティーズ株式会社監査役(2015年6月退任)
    2013年8月
    株式会社ソフィアバンク代表取締役(現任)
    2014年6月
    豊田通商株式会社取締役(現任)
    株式会社サイネックス取締役(2016年6月退任)
    2014年7月
    株式会社お金のデザイン取締役(2017年6月退任)
    2016年5月
    株式会社クリーク・アンド・リバー社取締役(現任)
    2018年2月
    株式会社CAMPFIRE取締役(2019年3月退任)
    2018年3月
    公益社団法人日本プロサッカーリーグ理事(現任)
    2018年10月
    株式会社ネットプロテクションズ取締役(現任)
    2019年4月
    一般社団法人Japan Action Tank 理事(現任)
    2020年3月
    一般社団法人ジャパン・グローバル・リサーチセンター代表理事(現任)
    学校法人神石高原学園理事(現任)
    続きを読む

    重要な兼職の状況

    株式会社ソフィアバンク代表取締役
    一般社団法人ジャパン・グローバル・リサーチセンター代表理事

    社外取締役候補者とした理由

    藤沢久美氏は、日本初の投資信託評価会社を起業し、代表取締役を務めたほか、株式会社ソフィアバンクの設立に参画して現在その代表取締役を務め、また、金融庁金融審議会委員をはじめ公職も歴任しております。これらの豊富な経験・見識に基づき、取締役会で積極的に所感または意見を述べるとともに、助言・提言を行い、経営の重要事項の決定および業務執行に対する監督など適切な役割を果たしていることから、引き続き社外取締役候補者としたものであります。当行社外取締役就任期間は、本定時株主総会終結の時をもって7年となります。

    独立性に関する事項

    株式会社東京証券取引所(以下「取引所」といいます。)が定める独立役員の独立性の基準および当行が定める独立役員の指定基準に照らし、一般株主と利益相反のおそれがないと判断されることから、独立役員として取引所に届け出ております。

  8. 候補者番号8

    いとう もとしげ伊藤 元重

    生年月日
    1951年12月19日
    伊藤 元重
    再任 社外取締役候補者

    所有する当行の株式の数

    0株

    略歴、地位、担当および重要な兼職の状況

    1978年9月
    ヒューストン大学経済学部助教授
    1982年4月
    東京大学経済学部助教授
    1993年12月
    東京大学経済学部教授
    1996年4月
    東京大学大学院経済学研究科教授(2016年3月退任)
    2006年2月
    公益財団法人総合研究開発機構理事長(2014年3月退任)
    2015年6月
    東日本旅客鉄道株式会社取締役(現任)
    公益財団法人笹川平和財団理事(現任)
    2016年4月
    学習院大学国際社会科学部教授(現任)
    2016年6月
    東京大学名誉教授(現任)
    はごろもフーズ株式会社監査役 (現任)
    一般社団法人日本経済調査協議会理事・調査委員長(2019年6月退任)
    2018年3月
    公益財団法人国連大学協力会理事(現任)
    2018年6月
    当行取締役 業務監督委員会委員(現任)
    住友化学株式会社取締役(現任)
    続きを読む

    重要な兼職の状況

    学習院大学国際社会科学部教授

    社外取締役候補者とした理由

    伊藤元重氏は、大学教授として経済学を究め、評論活動や他の上場会社の社外取締役・社外監査役を務めており、グローバル経済下での企業経営に精通しているほか、政府の経済財政諮問会議や税制調査会の委員等をはじめ公職も歴任しております。これらの豊富な経験・見識に基づき、取締役会で積極的に所感または意見を述べるとともに、助言・提言を行い、経営の重要事項の決定および業務執行に対する監督など適切な役割を果たしていることから、引き続き社外取締役候補者としたものであります。当行社外取締役就任期間は、本定時株主総会終結の時をもって2年となります。

    独立性に関する事項

    取引所が定める独立役員の独立性の基準および当行が定める独立役員の指定基準に照らし、一般株主と利益相反のおそれがないと判断されることから、独立役員として取引所に届け出ております。

  9. 候補者番号9

    つぼうち かずと坪内 和人

    生年月日
    1952年5月2日
    坪内 和人
    新任 社外取締役候補者

    所有する当行の株式の数

    0株

    略歴、地位、担当および重要な兼職の状況

    1976年4月
    日本電信電話公社(現NTT)入社
    2000年12月
    西日本電信電話株式会社金沢支店長
    2006年6月
    株式会社NTTドコモ取締役執行役員財務部長
    2012年6月
    同社代表取締役副社長(CFO)(2014年6月退任)
    2015年7月
    一般財団法人マルチメディア振興センター理事長(2018年6月退任)
    2018年6月
    一般社団法人情報通信設備協会会長(現任)
    続きを読む

    社外取締役候補者とした理由

    坪内和人氏は、株式会社NTTドコモ代表取締役副社長、一般財団法人マルチメディア振興センター理事長を歴任したほか、一般社団法人情報通信設備協会会長を務めております。企業経営者としての豊富な経験・見識を有しており、これらを当行の経営と監督に活かすことができると判断し、新任の社外取締役候補者としたものであります。

    独立性に関する事項

    取引所が定める独立役員の独立性の基準および当行が定める独立役員の指定基準に照らし、一般株主と利益相反のおそれがないと判断されることから、独立役員とする届出書を取引所に提出しております。

(注)
  1. 各取締役候補者と当行の間には、特別の利害関係はありません。
  2. 藤沢久美氏、伊藤元重氏および坪内和人氏は、社外取締役候補者であります。
  3. 藤沢久美氏が社外取締役を務める株式会社ネットプロテクションズと当行との間には、当行の取締役会の承認を要する競業取引および利益相反取引(会社法第356条第1項第1号乃至第3号、同第365条)が生じる可能性はありません。
  4. 伊藤元重氏は、社外役員以外の方法で会社経営に関与したことはありませんが、上記「社外取締役候補者とした理由」により、当行の社外取締役としての職務を適切に遂行していただくことができると判断しております。
  5. 社外取締役との責任限定契約について
    当行は、社外取締役として有用な人材を迎えることができるよう、定款において社外取締役との間で損害賠償責任を法令が規定する限度額で限定する契約を締結できる旨を定めております。当行は藤沢久美氏および伊藤元重氏との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約(以下「責任限定契約」といいます。)を締結しており、再任された後は、当該契約を継続する予定であります。また、坪内和人氏が選任された後は、同氏との間で責任限定契約を締結する予定であります。責任限定契約に基づく損害賠償責任の限度は同法第425条第1項に定める最低責任限度額であります。
  6. 会社法施行規則第74条に定める、取締役の選任に関する議案に記載すべき事項につきましては、上記の他に特記すべき事項はありません。
  7. 社外取締役候補者の藤沢久美氏につきましては、職業上使用している氏名であり、その氏名が高名であるため、上記のとおり表記しておりますが、戸籍上の氏名は角田久美氏であります。

    <ご参考>
    当行が定める独立役員の指定基準につきましては、「招集ご通知」事業報告中の3.(2)「社外役員の主な活動状況」の欄外に記載しております。


前の議案へ次の議案へ
2020/06/19 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}