事業の経過および成果

 当連結会計年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況が続いている中、感染拡大の防止策を講じつつ、ワクチン接種を促進し、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、持ち直しの動きが続くことが期待されております。しかし、感染の動向が内外経済に与える影響に十分注意する必要があり、先行きが不透明な状況は今なお続いております。
 当社グループが属する建設コンサルタント業界では、自然災害の頻発化・激甚化、地球環境問題の深刻化、既設の社会インフラの老朽化など、様々な社会課題への対応が求められております。また、公共施設の維持管理・運営など、社会資本整備に対するニーズの多様化が急速に進んできており、このコロナ禍においても、建設コンサルタントの果たすべき役割は益々重要になってきております。
 このような状況の下で、当社グループは、第12次中期経営計画(2019年7月から2022年6月まで)において重点課題として設定した「品質確保」「事業領域拡大」「人財育成」に対する諸施策の取り組みを引き続き実施するとともに、第12次中期経営計画の2年目となる2021年6月期は、「新型コロナウイルスを含むリスク対応」を新たな重点課題として追加し、積極的に取り組んでまいりました。新型コロナウイルスの影響により、急激に変化した就業環境に対応した新たな働き方を推進するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)の促進を図り、テレワーク環境を整備し、多様化する働き方の中での生産性の向上や成果品質の確保に向けた取り組みを実施し、企業の持続的な発展に努めてまいりました。
 これらの結果、当連結会計年度における当社グループ全体の業績は、前期からの繰越業務量が豊富に確保されていた状況から新規受注を抑制していたことにより、受注高は184億5千6百万円(前連結会計年度比96.8%)、受注残高は150億1千万円(同100.8%)となりました。売上高については、前期からの潤沢な繰越業務量が大きく影響し、創立以来の最高額となった前期を大幅に上回る183億3千4百万円(同111.1%)となりました。利益面におきましても、売上高の大幅な増加に伴う粗利の増加に加え、業務の選択受注の徹底や働き方改革の推進による生産性の向上、また、定年延長に伴う退職給付制度の改訂による退職給付債務の減額が影響したことから、営業利益は18億4百万円(同111.1%)、経常利益は18億5千8百万円(同113.2%)となり、過去最高益となりました。最終の親会社株主に帰属する当期純利益は、12億3千4百万円(同110.1%)となり、前連結会計年度に比べ増収増益となりました。
 なお、当社グループは継続的に企業価値の向上を図るため、株主資本利益率(ROE)10.0%以上を安定的に達成できることを目標に掲げており、当連結会計年度におきましては、株主資本利益率(ROE)は17.5%となり、目標を達成することができました。

 部門別の状況を示すと次のとおりであります。なお、当社グループは単一の報告セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりません。
〔構造保全部門〕
 当部門の受注高は91億7千6百万円(前連結会計年度比94.7%)、受注残高は77億5千4百万円(同99.7%)、売上高は91億9千6百万円(同110.3%)となりました。主な受注業務として、国土交通省九州地方整備局福岡国道事務所管内における松国-曲り田高架橋(P82-A2)詳細設計業務、国土交通省北陸地方整備局北陸技術事務所管内における富山・石川県内橋梁点検等業務があげられます。
〔社会創造部門〕
 当部門の受注高は45億7千3百万円(前連結会計年度比97.4%)、受注残高は27億2千6百万円(同89.2%)、売上高は49億4百万円(同122.5%)となりました。主な受注業務として、愛知県一宮市のウォーカブル空間デザインプロジェクト(エリアプラットホーム構築及び未来ビジョン策定支援業務)、高知県梼原町の木質バイオマスを活用した熱電供給事業可能性調査委託業務があげられます。
〔国土保全部門〕
 当部門の受注高は26億3千万円(前連結会計年度比99.7%)、受注残高は15億2千4百万円(同99.4%)、売上高は26億4千万円(同95.4%)となりました。主な受注業務として、国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所管内における行田・熊谷地区外堤防整備検討業務、青森県の国道103号外災害防除道路防災点検業務があげられます。
〔海外・施工管理部門〕
  当部門の受注高は20億7千6百万円(前連結会計年度比101.5%)、受注残高は30億5百万円(同119.2%)、売上高は15億9千2百万円(同114.3%)となりました。主な受注業務として、ベナン共和国におけるベドコ交差点立体交差建設計画(詳細設計)、福島県の広野小高線外CM業務があげられます。

次の項目へ
2021/09/28 12:00:00 +0900
外部サイトへ移動します 移動 ×

カメラをかざして
QRコードを
読み取ってください

{{ error }}